気になる選考基準 赤ちゃんパンダ「命名」のルールと歴史

公開日:

 ネット上では早くも名前予想が過熱している。東京・上野動物園で12日に生まれたジャイアントパンダの赤ちゃんは公募で命名される予定だが、知っておきたいルールがある。

 まずは命名までの流れだ。これまで上野動物園で誕生し、公募で名づけられたのは、1986年生まれの「童童」(雌・00年死亡)と、88年生まれの「悠悠」(雄・04年死亡)の2頭。

「過去の例に従えば、全国から応募された候補の中から数の多い上位200点ほどをピックアップし、1次選考で最終候補十数点まで絞り込む。そこから5人ほどの最終選考委員で決定するはず。選考委員は著名人などから選ばれますが、上野動物園を管理している東京都の小池百合子知事がそこに加わるのは、ほぼ間違いありません」(都庁担当記者)

 上野動物園のパンダの名前は、音の響きがいい漢字を重ねるのが通例だが、小池知事が選考委員になったら、たぶん「森森」は落選する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  3. 3

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  4. 4

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  5. 5

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    2年契約満了で去就は 中日ビシエド水面下で“静かなる銭闘”

  8. 8

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

もっと見る