気になる選考基準 赤ちゃんパンダ「命名」のルールと歴史

公開日: 更新日:

 ネット上では早くも名前予想が過熱している。東京・上野動物園で12日に生まれたジャイアントパンダの赤ちゃんは公募で命名される予定だが、知っておきたいルールがある。

 まずは命名までの流れだ。これまで上野動物園で誕生し、公募で名づけられたのは、1986年生まれの「童童」(雌・00年死亡)と、88年生まれの「悠悠」(雄・04年死亡)の2頭。

「過去の例に従えば、全国から応募された候補の中から数の多い上位200点ほどをピックアップし、1次選考で最終候補十数点まで絞り込む。そこから5人ほどの最終選考委員で決定するはず。選考委員は著名人などから選ばれますが、上野動物園を管理している東京都の小池百合子知事がそこに加わるのは、ほぼ間違いありません」(都庁担当記者)

 上野動物園のパンダの名前は、音の響きがいい漢字を重ねるのが通例だが、小池知事が選考委員になったら、たぶん「森森」は落選する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沢尻エリカ復調の兆し 再結成「沢尻会」の意外な顔ぶれ

  2. 2

    いまさら聞けない年金受給 59歳から始める満額もらう準備

  3. 3

    巨人菅野の深刻一発病なぜ? 本人や相手打者ら8人に総直撃

  4. 4

    芸能界ファミリー新派閥「瑛太会」を悩ます“ボス”の酒癖

  5. 5

    評価は急落…大船渡・佐々木“一球も投げず初戦敗退”の波紋

  6. 6

    巨人・上原監督の可能性は?“生え抜きエース”の条件クリア

  7. 7

    今オフにもポスティング 広島・菊池涼介メジャーでの値段

  8. 8

    安倍政権が労働者イジメ 経営者が首切り自由の“改悪制度”

  9. 9

    令和初の国賓も…日米首脳会談「共同声明」見送りの“真相”

  10. 10

    無名俳優と電撃格差婚で 川栄李奈にのしかかる“ミルク代”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る