気になる選考基準 赤ちゃんパンダ「命名」のルールと歴史

公開日: 更新日:

 ネット上では早くも名前予想が過熱している。東京・上野動物園で12日に生まれたジャイアントパンダの赤ちゃんは公募で命名される予定だが、知っておきたいルールがある。

 まずは命名までの流れだ。これまで上野動物園で誕生し、公募で名づけられたのは、1986年生まれの「童童」(雌・00年死亡)と、88年生まれの「悠悠」(雄・04年死亡)の2頭。

「過去の例に従えば、全国から応募された候補の中から数の多い上位200点ほどをピックアップし、1次選考で最終候補十数点まで絞り込む。そこから5人ほどの最終選考委員で決定するはず。選考委員は著名人などから選ばれますが、上野動物園を管理している東京都の小池百合子知事がそこに加わるのは、ほぼ間違いありません」(都庁担当記者)

 上野動物園のパンダの名前は、音の響きがいい漢字を重ねるのが通例だが、小池知事が選考委員になったら、たぶん「森森」は落選する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    河井夫妻逮捕ならトドメ 自民で激化「安倍降ろし」の動き

  2. 2

    カタギに女房を寝取られたヤクザが逆上して襲撃する時代

  3. 3

    同志社大教授・浜矩子氏「越を脱して超に入って共生する」

  4. 4

    杏とは“リモート離婚”…東出昌大のイバラ道はまだまだ続く

  5. 5

    NEWS手越の厳罰断行 円満退社で一致も滝沢氏の苦しい胸中

  6. 6

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  7. 7

    安倍首相「逃げ恥作戦」大誤算…G7サミット延期で計画倒れ

  8. 8

    議事録を残さないのは議論を隠蔽して闇に葬り去るためか

  9. 9

    甲子園中止で代替大会はどうなる? 47都道府県高野連直撃

  10. 10

    テラハ問題でも変らない バラエティーの常識は世の非常識

もっと見る