高橋三千綱
著者のコラム一覧
高橋三千綱

1948年1月5日、大阪府豊中市生まれ。サンフランシスコ州立大学英語学科、早稲田大学英文科中退。元東京スポーツ記者。74年、「退屈しのぎ」で群像新人文学賞、78年、「九月の空」で芥川賞受賞。近著に「さすらいの皇帝ペンギン」「ありがとう肝硬変、よろしく糖尿病」「がんを忘れたら、『余命』が延びました!」がある。

胃の手術後にゴルフを始めたらわずか1年でシングルに

公開日:  更新日:

 34歳のとき、十二指腸潰瘍で胃の4分の3を切った。1982年のことだ。退院してからはゴルフを始めた。

 それまで草野球をやっていたが、どうしたわけか走れなくなった。塁間を遠く感じ、盗塁ができないのだ。それで自分で作った草野球チームを解散し、新たに始めたのがゴルフというわけだ。

 がんを殺すのは白血球である。その中でも主に免疫の主役を担うのがリンパ球で、このリンパ球というのは悲愴な人間には出てこない。笑う門にはではないが、楽天的な人だけに生まれてくるというのが持論だ。免疫力アップの基本は積極性であり、実行することで、自律神経は正常に働く。

 そこでゴルフを始めるにあたり、目標を立てた。ただ健康になるというのは性に合わない。スポーツジムに行くくらいなら、ビラ配りをした方がいい。プロになるか……とも考えたが、とりあえずシングルプレーヤーを目指した。シングルになって何の意味があるかということは、なってみないと分からない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    巨額税収減に負け惜しみ連発…小池知事がさらけ出した無能

  4. 4

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  5. 5

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  6. 6

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  7. 7

    世論調査で内閣支持率一斉下落…肝いり政策がそろって不評

  8. 8

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  9. 9

    数字残して当たり前…阪神FA西に浴びせられるドギツい洗礼

  10. 10

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

もっと見る