• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
高橋三千綱
著者のコラム一覧
高橋三千綱

1948年1月5日、大阪府豊中市生まれ。サンフランシスコ州立大学英語学科、早稲田大学英文科中退。元東京スポーツ記者。74年、「退屈しのぎ」で群像新人文学賞、78年、「九月の空」で芥川賞受賞。近著に「さすらいの皇帝ペンギン」「ありがとう肝硬変、よろしく糖尿病」「がんを忘れたら、『余命』が延びました!」がある。

英国ゴルフ協会理事に“ニギリ”を持ちかけ聖地でプレー

 旅というのは、運が必要だ。私は何かにつけて実にいい加減で、まったく用意周到ではない。とにかく、行けばいいさと思っているのだが、そういう楽天的な考えをしていた方が運はよくなる。

 4年前に余命半年と告げられた私が今も生き続けているのは、この性格にも理由があるだろう。

 いまゴルフの全英オープンが開催されているが、私も何度か取材を兼ね現地に足を運んでいる。今年はロイヤルバークデールだが、コースは持ち回りで替わる。中でも聖地と呼ばれるのが、スコットランドのセントアンドルーズだ。全英ゴルフ協会(R&A)の本拠もここにある。

 トーナメントが終わった直後、自分もセントアンドルーズのオールドコースでプレーがしたくなった。翌日は放送機材の片付けやら何やらでプレーできないだろうが、火曜日なら何とかなるかもしれない。もちろん、オールドコースの予約は2年待ちと言われ、そんな突拍子もないことを考えるのは私くらいだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  2. 2

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  3. 3

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  4. 4

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  7. 7

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  8. 8

    木更津総合・五島監督に聞く ドラフト候補が進学する理由

  9. 9

    藤井氏“安倍内閣は酷すぎ”発言 なかなかいえない本当の話

  10. 10

    剛力は助言無視で再炎上…救えるのはバナナマン日村だけか

もっと見る