高橋三千綱
著者のコラム一覧
高橋三千綱

1948年1月5日、大阪府豊中市生まれ。サンフランシスコ州立大学英語学科、早稲田大学英文科中退。元東京スポーツ記者。74年、「退屈しのぎ」で群像新人文学賞、78年、「九月の空」で芥川賞受賞。近著に「さすらいの皇帝ペンギン」「ありがとう肝硬変、よろしく糖尿病」「がんを忘れたら、『余命』が延びました!」がある。

英国ゴルフ協会理事に“ニギリ”を持ちかけ聖地でプレー

公開日: 更新日:

 旅というのは、運が必要だ。私は何かにつけて実にいい加減で、まったく用意周到ではない。とにかく、行けばいいさと思っているのだが、そういう楽天的な考えをしていた方が運はよくなる。

 4年前に余命半年と告げられた私が今も生き続けているのは、この性格にも理由があるだろう。

 いまゴルフの全英オープンが開催されているが、私も何度か取材を兼ね現地に足を運んでいる。今年はロイヤルバークデールだが、コースは持ち回りで替わる。中でも聖地と呼ばれるのが、スコットランドのセントアンドルーズだ。全英ゴルフ協会(R&A)の本拠もここにある。

 トーナメントが終わった直後、自分もセントアンドルーズのオールドコースでプレーがしたくなった。翌日は放送機材の片付けやら何やらでプレーできないだろうが、火曜日なら何とかなるかもしれない。もちろん、オールドコースの予約は2年待ちと言われ、そんな突拍子もないことを考えるのは私くらいだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    <2>本質はニュースキャスター 大局を見ることができない

  3. 3

    岸田里佳さん 特撮ヒロインは3カ国語話す日舞の師範名取に

  4. 4

    綾瀬はるか熱愛報道から1カ月 周辺でハプニング続々のナゼ

  5. 5

    時給は350円…下北沢LOFT店員時代のサザンは不人気だった

  6. 6

    豪邸が粉々…ベイルートを逃げ出したゴーン被告が向かう先

  7. 7

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  8. 8

    フリーアナ古瀬絵理さんが酔うと…捕獲された宇宙人に?

  9. 9

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  10. 10

    <1>管理職には“小池リスク”…誰もが潰され使い捨てられる

もっと見る