• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

藤井四段も注文 名古屋式「カレーうどん定食」の奥深さ

 全国が注目する将棋の藤井聡太四段(14)は、大の麺類好き。その勝負メシはうどんやラーメンなどが多く、名古屋人らしく味噌煮込みうどんをオーダーすることもあったが、もっと注目したいのは先週6日の対局で注文した「カレーうどん定食」。

 実は名古屋では、味噌煮込みうどんと同じくらい、カレーうどんが広く一般に親しまれているのだ。名古屋のフードライター・永谷正樹氏が言う。

「それも、ごはんと一緒に頼む“定食”スタイルが一般的。カレーうどんの余ったスープにごはんを入れて雑炊のようにして食べるのです。チーズをトッピングしてリゾットのようにして食べる店もあります」

 名古屋のカレーうどんならではの特徴もあるという。

「名古屋式は、極太麺にとろみのあるスープが特徴。麺は、一昼夜寝かして熟成させるため、モチモチと弾力がある。そこにでんぷんや小麦粉などでとろみのついたカレーが絡むので、カレーのスパイスの中に麺の甘味も感じられます。ダシはカツオではなく、きしめんと同じようにムロアジでとるのが一般的。ムロアジ特有のクセがスパイスで消え、ダシのウマ味がしっかり感じられます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  4. 4

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  5. 5

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  6. 6

    山根明氏が天覧試合で解説…写真の存在に文科省が戦々恐々

  7. 7

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

  8. 8

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

  9. 9

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  10. 10

    3年ぶり減益予想 企業業績の悪化がアベノミクスのトドメに

もっと見る