藤井四段も注文 名古屋式「カレーうどん定食」の奥深さ

公開日: 更新日:

 全国が注目する将棋の藤井聡太四段(14)は、大の麺類好き。その勝負メシはうどんやラーメンなどが多く、名古屋人らしく味噌煮込みうどんをオーダーすることもあったが、もっと注目したいのは先週6日の対局で注文した「カレーうどん定食」。

 実は名古屋では、味噌煮込みうどんと同じくらい、カレーうどんが広く一般に親しまれているのだ。名古屋のフードライター・永谷正樹氏が言う。

「それも、ごはんと一緒に頼む“定食”スタイルが一般的。カレーうどんの余ったスープにごはんを入れて雑炊のようにして食べるのです。チーズをトッピングしてリゾットのようにして食べる店もあります」

 名古屋のカレーうどんならではの特徴もあるという。

「名古屋式は、極太麺にとろみのあるスープが特徴。麺は、一昼夜寝かして熟成させるため、モチモチと弾力がある。そこにでんぷんや小麦粉などでとろみのついたカレーが絡むので、カレーのスパイスの中に麺の甘味も感じられます。ダシはカツオではなく、きしめんと同じようにムロアジでとるのが一般的。ムロアジ特有のクセがスパイスで消え、ダシのウマ味がしっかり感じられます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「闇営業」謹慎処分で一番ワリを食ったガリットチュウ福島

  2. 2

    反乱なのか 安倍首相“側近議員”がアベノミクスの成果否定

  3. 3

    「安倍さんは信用できない」拉致被害者家族の悲痛な叫び

  4. 4

    宮迫ら闇営業11人処分! 吉本興業「遅すぎた決断」の代償

  5. 5

    “仰天婚”山里と“闇営業解雇”入江 吉本芸人の明暗クッキリ

  6. 6

    吉本興業と安倍政権は蜜月 官民ファンド100億円出資の行方

  7. 7

    宮迫「アメトーク!」優良スポンサーCM消滅危機で崖っぷち

  8. 8

    妹の葬儀にも姿なし 芸能記者が見た中森明菜「一家」の今

  9. 9

    超肉食同士は食い合わない?蒼井優が唯一落とせなかった男

  10. 10

    トヨタはモデル平均21万円 大企業の「企業年金」いくら?

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る