• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
高橋三千綱
著者のコラム一覧
高橋三千綱

1948年1月5日、大阪府豊中市生まれ。サンフランシスコ州立大学英語学科、早稲田大学英文科中退。元東京スポーツ記者。74年、「退屈しのぎ」で群像新人文学賞、78年、「九月の空」で芥川賞受賞。近著に「さすらいの皇帝ペンギン」「ありがとう肝硬変、よろしく糖尿病」「がんを忘れたら、『余命』が延びました!」がある。

借金ストレスで酒量が増えγーGTPの数値は「4027」に上昇

 1995年、47歳の時に糖尿病になり、59歳からはインスリンの世話になっている。その後、アルコール性肝炎になるのだが、γ―GTPの数値が「4027」(正常値は100まで)を記録した時は家庭医もさすがに頭を抱えていた。

 500でも危険水域といわれるが、私はその1カ月前に4000近くいった時でさえ、“検査の仕方が間違っているんだな”ぐらいにしか思っていなかった。

 糖尿病になった時は借金を抱えていた。35歳だった83年、映画「真夜中のボクサー」を原作・脚本・監督で製作し、8000万円ほどの借金が残った。個人債務であり、世間的には自己破産という選択もあるのだろうが、私には返さないという選択肢はなかったのだ。

 そのためにガムシャラに働いた。ただ、どれほど働いても収入の半分は税金になる。事務所費用やスタッフ人件費を考慮すると、返済は月50万~60万円が限度だった。病気を抱えながら年間700万円を返すというのは、正直しんどかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お酌は一切させず 麻木久仁子さんが見たタモリの“別の顔”

  2. 2

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  3. 3

    引っ越す度にゾ~…松原タニシ怖くて貧しい事故物件暮らし

  4. 4

    虐待問題解決の本質とは 黒川祥子さんが取材経験から語る

  5. 5

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  6. 6

    「すれ違いが原因」に違和感 NHK桑子アナの離婚の真相は?

  7. 7

    通信機器宣伝マンから再出発 “ギター侍”波田陽区さんは今

  8. 8

    あやまんJAPANめんそ~れ愛菜 脱退後“社長転身”で年収30倍

  9. 9

    退所しても人気絶大 ジャニーズは3日やったらやめられない

  10. 10

    国会大幅延長は安倍3選のためか 総裁選工作に血税90億円

もっと見る