• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

歴史小説「坂の上の雲」は商売に通ずるものがあります

「梅干と日本刀」は何度も買いなおしては置いている/(C)日刊ゲンダイ

横山久吉朗さん(久月社長)

「人形の久月」のテレビCMなどでお馴染みの久月。ひな人形や五月人形を扱う人形業界は現在、日本の出生率低下のあおりを受けて厳しい環境にあるが、1835年創業の老舗人形問屋も例外ではない。横山社長が頭を悩ませたときに再読するのが、歴史小説「坂の上の雲」(司馬遼太郎)だという。

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事