• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

歴史小説「坂の上の雲」は商売に通ずるものがあります

「梅干と日本刀」は何度も買いなおしては置いている/(C)日刊ゲンダイ

横山久吉朗さん(久月社長)

「人形の久月」のテレビCMなどでお馴染みの久月。ひな人形や五月人形を扱う人形業界は現在、日本の出生率低下のあおりを受けて厳しい環境にあるが、1835年創業の老舗人形問屋も例外ではない。横山社長が頭を悩ませたときに再読するのが、歴史小説「坂の上の雲」(司馬遼太郎)だという。

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  4. 4

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  5. 5

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

  6. 6

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  7. 7

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  8. 8

    高まる認可白紙の可能性 小池知事が来月迎える「敗戦の日」

  9. 9

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  10. 10

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

もっと見る