歴史小説「坂の上の雲」は商売に通ずるものがあります

公開日: 更新日:
「梅干と日本刀」は何度も買いなおしては置いている/(C)日刊ゲンダイ

横山久吉朗さん(久月社長)

「人形の久月」のテレビCMなどでお馴染みの久月。ひな人形や五月人形を扱う人形業界は現在、日本の出生率低下のあおりを受けて厳しい環境にあるが、1835年創業の老舗人形問屋も例外ではない。横山社長が頭を悩ませたときに再読するのが、歴史小説「坂の上の雲」(司馬遼太郎)だという。

この記事は会員限定です。
日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    “手越砲”被弾のAKB柏木由紀 アイドル道と強心臓に揺ぎなし

  3. 3

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

  4. 4

    野党「合流新党」は150人規模の勢力に 分裂期待の自民落胆

  5. 5

    コンサル派遣で病院支援…官民ファンド“焼け太り”の裏事情

  6. 6

    石田純一「法的手段も考えている」の裏に理子夫人への鬱積

  7. 7

    マスクが着用できない自閉症児を搭乗拒否…航空会社に賛否

  8. 8

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  9. 9

    綾瀬はるか熱愛報道から1カ月 周辺でハプニング続々のナゼ

  10. 10

    石田純一芸能界コロナ離婚第1号か 妻の東尾理子が怒り心頭

もっと見る