歴史小説「坂の上の雲」は商売に通ずるものがあります

公開日: 更新日:
「梅干と日本刀」は何度も買いなおしては置いている/(C)日刊ゲンダイ

横山久吉朗さん(久月社長)

「人形の久月」のテレビCMなどでお馴染みの久月。ひな人形や五月人形を扱う人形業界は現在、日本の出生率低下のあおりを受けて厳しい環境にあるが、1835年創業の老舗人形問屋も例外ではない。横山社長が頭を悩ませたときに再読するのが、歴史小説「坂の上の雲」(司馬遼太郎)だという。

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  2. 2

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  3. 3

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  4. 4

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  5. 5

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  6. 6

    公私混同で失脚の舛添前都知事 野党で国政復帰の仰天情報

  7. 7

    洪水に襲われた農地に小型冷蔵庫!その中身に全米ホッコリ

  8. 8

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  9. 9

    安倍首相が“偽装”の施政方針演説 英訳でも錯覚工作の傲慢

  10. 10

    キムタクと中居“SMAP言及”に沸くファンと忖度TV局の温度差

もっと見る