ロマンチストはNG 妻と死別後「幸せな再婚」ができる人は

公開日:

 国勢調査(2015年)によると、海老蔵さんのように配偶者と死別した男性は165万人で、15歳以上の男性の3.2%に過ぎない。

 同じ境遇の男性は決して多くないだけに、そのつらさは周りには分かりにくい。再婚すれば「薄情だ」「奥さんがかわいそう」と陰口を言われたりする。相手がずいぶんと年下であれば、なおさらだ。まるで浮気か不倫のように捉えられ、「不謹慎だ」と言われかねない。男やもめ、特に父子家庭の再出発は簡単ではないのだ。

■「子供の母親」を求めるとダメ

 だからといって、最初から妻ではなく子供の母親を探すつもりでいると、まとまる話もまとまらない。家族問題評論家の池内ひろ美氏が、こう言う。

「女性は、好きな相手の彼女や奥さんになることを望みますが、子供たちの母親になりたいからという理由で結婚する人はいません。それなのに男性の側は、子供たちの母親になってくれることを第一に考えて再婚相手を探そうとする。女性としてはそれほど魅力を感じなくても、母親としての役割を果たしてくれそうな相手を選ぶのです。これではうまくいきません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  8. 8

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    妊娠を“計画”発表…前田敦子「デキ婚」かたくな否定のウラ

もっと見る