ロマンチストはNG 妻と死別後「幸せな再婚」ができる人は

公開日: 更新日:

 国勢調査(2015年)によると、海老蔵さんのように配偶者と死別した男性は165万人で、15歳以上の男性の3.2%に過ぎない。

 同じ境遇の男性は決して多くないだけに、そのつらさは周りには分かりにくい。再婚すれば「薄情だ」「奥さんがかわいそう」と陰口を言われたりする。相手がずいぶんと年下であれば、なおさらだ。まるで浮気か不倫のように捉えられ、「不謹慎だ」と言われかねない。男やもめ、特に父子家庭の再出発は簡単ではないのだ。

■「子供の母親」を求めるとダメ

 だからといって、最初から妻ではなく子供の母親を探すつもりでいると、まとまる話もまとまらない。家族問題評論家の池内ひろ美氏が、こう言う。

「女性は、好きな相手の彼女や奥さんになることを望みますが、子供たちの母親になりたいからという理由で結婚する人はいません。それなのに男性の側は、子供たちの母親になってくれることを第一に考えて再婚相手を探そうとする。女性としてはそれほど魅力を感じなくても、母親としての役割を果たしてくれそうな相手を選ぶのです。これではうまくいきません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  2. 2

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  3. 3

    「半沢直樹」新ステージは“vs東京乾電池”柄本明より注目は

  4. 4

    安倍首相の体調不良説に拍車 高級ジム滞在「3時間半」の裏

  5. 5

    コソコソ逃げる安倍首相は、なぜそんなに会見が嫌なのか?

  6. 6

    半沢直樹を下支えする肝っ玉母 菅野美穂と上戸彩の共通点

  7. 7

    グロッキーな安倍首相 小池知事の“夏休み妨害”に怒り心頭

  8. 8

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  9. 9

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

  10. 10

    「重症者数少ない」の落とし穴 4月緊急事態宣言前より深刻

もっと見る