• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ロマンチストはNG 妻と死別後「幸せな再婚」ができる人は

 国勢調査(2015年)によると、海老蔵さんのように配偶者と死別した男性は165万人で、15歳以上の男性の3.2%に過ぎない。

 同じ境遇の男性は決して多くないだけに、そのつらさは周りには分かりにくい。再婚すれば「薄情だ」「奥さんがかわいそう」と陰口を言われたりする。相手がずいぶんと年下であれば、なおさらだ。まるで浮気か不倫のように捉えられ、「不謹慎だ」と言われかねない。男やもめ、特に父子家庭の再出発は簡単ではないのだ。

■「子供の母親」を求めるとダメ

 だからといって、最初から妻ではなく子供の母親を探すつもりでいると、まとまる話もまとまらない。家族問題評論家の池内ひろ美氏が、こう言う。

「女性は、好きな相手の彼女や奥さんになることを望みますが、子供たちの母親になりたいからという理由で結婚する人はいません。それなのに男性の側は、子供たちの母親になってくれることを第一に考えて再婚相手を探そうとする。女性としてはそれほど魅力を感じなくても、母親としての役割を果たしてくれそうな相手を選ぶのです。これではうまくいきません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  2. 2

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  3. 3

    写真誌に撮られた休日の有働アナに「私服がダサい」の声が

  4. 4

    国会大幅延長は安倍3選のためか 総裁選工作に血税90億円

  5. 5

    退所しても人気絶大 ジャニーズは3日やったらやめられない

  6. 6

    マキタスポーツらFA成功も…お笑い芸人に大淘汰時代の到来

  7. 7

    手越の未成年飲酒報道で狂い始めた NEWS小山の7月復帰計画

  8. 8

    「すれ違いが原因」に違和感 NHK桑子アナの離婚の真相は?

  9. 9

    X JAPAN・ToshI バラエティーで引っ張りだこの意外な理由

  10. 10

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

もっと見る