• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ロマンチストはNG 妻と死別後「幸せな再婚」ができる人は

 国勢調査(2015年)によると、海老蔵さんのように配偶者と死別した男性は165万人で、15歳以上の男性の3.2%に過ぎない。

 同じ境遇の男性は決して多くないだけに、そのつらさは周りには分かりにくい。再婚すれば「薄情だ」「奥さんがかわいそう」と陰口を言われたりする。相手がずいぶんと年下であれば、なおさらだ。まるで浮気か不倫のように捉えられ、「不謹慎だ」と言われかねない。男やもめ、特に父子家庭の再出発は簡単ではないのだ。

■「子供の母親」を求めるとダメ

 だからといって、最初から妻ではなく子供の母親を探すつもりでいると、まとまる話もまとまらない。家族問題評論家の池内ひろ美氏が、こう言う。

「女性は、好きな相手の彼女や奥さんになることを望みますが、子供たちの母親になりたいからという理由で結婚する人はいません。それなのに男性の側は、子供たちの母親になってくれることを第一に考えて再婚相手を探そうとする。女性としてはそれほど魅力を感じなくても、母親としての役割を果たしてくれそうな相手を選ぶのです。これではうまくいきません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  2. 2

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  3. 3

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  4. 4

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  5. 5

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  6. 6

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  7. 7

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  8. 8

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  9. 9

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  10. 10

    「検察側の罪人」原田監督語る 木村拓哉の演技と籠絡テク

もっと見る