• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
田丸昇
著者のコラム一覧
田丸昇

1950年5月5日、長野県東御市生まれ。元日本将棋連盟理事。中学生で奨励会入りし、佐瀬勇次名誉九段の門下生となる。長髪から「ライオン丸」というニックネームで知られた。16年10月に現役引退。近著に「名棋士の対局に学ぶ 詰め&必死」(創元社)がある。

大内延介は名人位を逃した一手の直後「ばかな」と呻いた

 6月に75歳で亡くなった大内延介九段の一世一代の大勝負が、中原誠名人に挑戦した1975年の名人戦だった。

 名人戦で3連覇していた中原は、大河のような棋風から「自然流」と呼ばれた。一方、名人戦に初登場した大内は、豪快な棋風から「怒濤流」と呼ばれた。

 戦前の予想では、中原防衛の声が多かった。対戦成績で中原が6連勝していたからだ。

 しかし、大内は「中原さんの長期政権が続くのは、追う者に成長がないからだ。将棋を進歩させるためにも、それを阻止したい」と意気込みを語った。

 大内ファンの作家の山口瞳さんも「大内さんはほかの棋士に比べて、中原さんに対してコンプレックスがない。ずばり言って4勝2敗で大内さんが勝つ」と週刊誌の随筆で予言した。

 中原―大内の対決にはメディアも注目。NHKがニュースで報道し、一般誌が特集したものだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  2. 2

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  3. 3

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  4. 4

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  5. 5

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  6. 6

    3年ぶり減益予想 企業業績の悪化がアベノミクスのトドメに

  7. 7

    山根明氏が天覧試合で解説…写真の存在に文科省が戦々恐々

  8. 8

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

  9. 9

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

  10. 10

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

もっと見る