高橋三千綱
著者のコラム一覧
高橋三千綱

1948年1月5日、大阪府豊中市生まれ。サンフランシスコ州立大学英語学科、早稲田大学英文科中退。元東京スポーツ記者。74年、「退屈しのぎ」で群像新人文学賞、78年、「九月の空」で芥川賞受賞。近著に「さすらいの皇帝ペンギン」「ありがとう肝硬変、よろしく糖尿病」「がんを忘れたら、『余命』が延びました!」がある。

病気を治癒させるにはまず相性のいい医師と巡り合うこと

公開日:  更新日:

 医者と患者には相性がある。相性のいい先生と巡り合えなければ、病気は治らない。

 糖尿病の私は、59歳だった07年からインスリンを打っている。それ以前から血糖値の数値が悪くなると、定期的に入院していた。いわゆる検査入院というやつだ。

 その間はさすがに酒抜きだが、当時よく短期入院していたのが、芝公園の先にあった「東京専売病院」(現・国際医療福祉大学三田病院)だった。この病院のいいところは、専売病院の名からも分かる通り、たばこが吸えることだ。私はよく8階の角部屋の特別室に入っていた。

 そこで、いい先生と出会った。いい先生とは、この人の言うことを聞いていれば大丈夫という信頼感のようなものだ。先生とはウマが合った。

 とてもザックバランな先生で、ある時、「高橋さん、ここの食事はどうですか?」と話しかけられた。私は正直に「まずい」と答えた。すると先生は怪訝な顔をするどころか、「ですよね。我々も食べないですよ」と深くうなずいたのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

  10. 10

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

もっと見る