高橋三千綱
著者のコラム一覧
高橋三千綱

1948年1月5日、大阪府豊中市生まれ。サンフランシスコ州立大学英語学科、早稲田大学英文科中退。元東京スポーツ記者。74年、「退屈しのぎ」で群像新人文学賞、78年、「九月の空」で芥川賞受賞。近著に「さすらいの皇帝ペンギン」「ありがとう肝硬変、よろしく糖尿病」「がんを忘れたら、『余命』が延びました!」がある。

病気を治癒させるにはまず相性のいい医師と巡り合うこと

公開日: 更新日:

 医者と患者には相性がある。相性のいい先生と巡り合えなければ、病気は治らない。

 糖尿病の私は、59歳だった07年からインスリンを打っている。それ以前から血糖値の数値が悪くなると、定期的に入院していた。いわゆる検査入院というやつだ。

 その間はさすがに酒抜きだが、当時よく短期入院していたのが、芝公園の先にあった「東京専売病院」(現・国際医療福祉大学三田病院)だった。この病院のいいところは、専売病院の名からも分かる通り、たばこが吸えることだ。私はよく8階の角部屋の特別室に入っていた。

 そこで、いい先生と出会った。いい先生とは、この人の言うことを聞いていれば大丈夫という信頼感のようなものだ。先生とはウマが合った。

 とてもザックバランな先生で、ある時、「高橋さん、ここの食事はどうですか?」と話しかけられた。私は正直に「まずい」と答えた。すると先生は怪訝な顔をするどころか、「ですよね。我々も食べないですよ」と深くうなずいたのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    あのジャニーズが“バーチャルアイドル”2.19デビューの衝撃

  2. 2

    風間俊介は3歳児の父 ジャニーズ“結婚&子持ち”NGの境界線

  3. 3

    深まる亀裂…対韓「経済制裁」強行で偽装アベノミクス自爆

  4. 4

    かつては“お荷物”…山下智久が引き寄せた仕事運と信頼

  5. 5

    背後に敏腕マネが 大坂なおみ“バイン契約解除”決断の真相

  6. 6

    嵐に燻り続けてきた“プロパーvs外様”メンバーの確執と暗闘

  7. 7

    専門家も警鐘 南海トラフ巨大地震“前兆”続々発生の不気味

  8. 8

    結婚発表前に伏線が…テレ朝・小川彩佳は悲恋のプリンセス

  9. 9

    好調な映画そっちのけ…キムタクの雑な“白髪染め”が話題に

  10. 10

    背水から逆転の山下智久&木村拓哉 1本の映画が2人を変えた

もっと見る