• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
高橋三千綱
著者のコラム一覧
高橋三千綱

1948年1月5日、大阪府豊中市生まれ。サンフランシスコ州立大学英語学科、早稲田大学英文科中退。元東京スポーツ記者。74年、「退屈しのぎ」で群像新人文学賞、78年、「九月の空」で芥川賞受賞。近著に「さすらいの皇帝ペンギン」「ありがとう肝硬変、よろしく糖尿病」「がんを忘れたら、『余命』が延びました!」がある。

病気を治癒させるにはまず相性のいい医師と巡り合うこと

 医者と患者には相性がある。相性のいい先生と巡り合えなければ、病気は治らない。

 糖尿病の私は、59歳だった07年からインスリンを打っている。それ以前から血糖値の数値が悪くなると、定期的に入院していた。いわゆる検査入院というやつだ。

 その間はさすがに酒抜きだが、当時よく短期入院していたのが、芝公園の先にあった「東京専売病院」(現・国際医療福祉大学三田病院)だった。この病院のいいところは、専売病院の名からも分かる通り、たばこが吸えることだ。私はよく8階の角部屋の特別室に入っていた。

 そこで、いい先生と出会った。いい先生とは、この人の言うことを聞いていれば大丈夫という信頼感のようなものだ。先生とはウマが合った。

 とてもザックバランな先生で、ある時、「高橋さん、ここの食事はどうですか?」と話しかけられた。私は正直に「まずい」と答えた。すると先生は怪訝な顔をするどころか、「ですよね。我々も食べないですよ」と深くうなずいたのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  2. 2

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  3. 3

    写真誌に撮られた休日の有働アナに「私服がダサい」の声が

  4. 4

    退所しても人気絶大 ジャニーズは3日やったらやめられない

  5. 5

    国会大幅延長は安倍3選のためか 総裁選工作に血税90億円

  6. 6

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  7. 7

    「すれ違いが原因」に違和感 NHK桑子アナの離婚の真相は?

  8. 8

    X JAPAN・ToshI バラエティーで引っ張りだこの意外な理由

  9. 9

    手越の未成年飲酒報道で狂い始めた NEWS小山の7月復帰計画

  10. 10

    マキタスポーツらFA成功も…お笑い芸人に大淘汰時代の到来

もっと見る