高橋三千綱
著者のコラム一覧
高橋三千綱

1948年1月5日、大阪府豊中市生まれ。サンフランシスコ州立大学英語学科、早稲田大学英文科中退。元東京スポーツ記者。74年、「退屈しのぎ」で群像新人文学賞、78年、「九月の空」で芥川賞受賞。近著に「さすらいの皇帝ペンギン」「ありがとう肝硬変、よろしく糖尿病」「がんを忘れたら、『余命』が延びました!」がある。

病気を治癒させるにはまず相性のいい医師と巡り合うこと

公開日:  更新日:

 医者と患者には相性がある。相性のいい先生と巡り合えなければ、病気は治らない。

 糖尿病の私は、59歳だった07年からインスリンを打っている。それ以前から血糖値の数値が悪くなると、定期的に入院していた。いわゆる検査入院というやつだ。

 その間はさすがに酒抜きだが、当時よく短期入院していたのが、芝公園の先にあった「東京専売病院」(現・国際医療福祉大学三田病院)だった。この病院のいいところは、専売病院の名からも分かる通り、たばこが吸えることだ。私はよく8階の角部屋の特別室に入っていた。

 そこで、いい先生と出会った。いい先生とは、この人の言うことを聞いていれば大丈夫という信頼感のようなものだ。先生とはウマが合った。

 とてもザックバランな先生で、ある時、「高橋さん、ここの食事はどうですか?」と話しかけられた。私は正直に「まずい」と答えた。すると先生は怪訝な顔をするどころか、「ですよね。我々も食べないですよ」と深くうなずいたのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  6. 6

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  7. 7

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  8. 8

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  9. 9

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  10. 10

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

もっと見る