高橋三千綱
著者のコラム一覧
高橋三千綱

1948年1月5日、大阪府豊中市生まれ。サンフランシスコ州立大学英語学科、早稲田大学英文科中退。元東京スポーツ記者。74年、「退屈しのぎ」で群像新人文学賞、78年、「九月の空」で芥川賞受賞。近著に「さすらいの皇帝ペンギン」「ありがとう肝硬変、よろしく糖尿病」「がんを忘れたら、『余命』が延びました!」がある。

酒を飲まなくなったら暇になり小説をすぐに書き上げた

公開日:  更新日:

「あなたの場合は度が過ぎている。今の生活を続けていたら4カ月で死ぬし、それでも酒を飲んだら40日で死ぬ」

 肝硬変と診断された8年前の2月、肝臓病の大家というその医師は、私にこう告げた。その言い方があまりに患者の気持ちをないがしろにしたもので、ショックというよりムッとして帰った。医者にとっては大勢の患者のうちのひとりかもしれないが、患者にとって医者は唯一の頼りなのだ。

 あまりに気分が悪かったので、禁酒しようと決意した。そして3月から半年間、一切酒を飲まなかった。そうすると、γ―GTPなどの数値もそうだが、体の調子自体もよくなった。

 そこで調子にのった私はまた飲みだした……。ただ、今度はダイエットの反動と同じで倍の量を飲んでしまい、数カ月も持たなかった。酒を再開したのが9月なのに3カ月後には万歳。正月はまったく飲めなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  5. 5

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  6. 6

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  7. 7

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  8. 8

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  9. 9

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  10. 10

    日ハム吉田輝星が明かす 根尾からの刺激と痛感した実力差

もっと見る