• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

幻の男爵イモでポテチ 湖池屋“プレミアム路線”の狙いとは

 ジャガイモ不足でポテトチップスの販売を4月から一部休止。いわゆる「ポテチショック」がようやく収束し、カルビーと湖池屋の上位2社は今月内に、ほぼすべての商品の販売を再開する。いずれも新商品を投入する予定という。

 カルビーは今月から来年2月にかけ、47都道府県の名産品の味を再現したポテチ(参考価格120円)を順次発売。

 一方、湖池屋は、北海道今金町産の“幻のジャガイモ”今金男爵を使ったポテチを150万袋の数量限定で発売。

「定番ポテチの生産量は億単位ですから、かなりのレア商品。入手困難かもしれません」(業界関係者)。それだけに参考価格は322円と通常の2倍以上、決してお安くない。佐藤章社長は「プレミアム市場を創出したい」と意気込むが、果たして吉と出るか。

 同社は今年2月、国産ジャガイモを100%使用し、味にも製法にもこだわった「プライドポテト」を発売。店頭価格は160円前後と、定番に比べて数十円も高い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  8. 8

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  9. 9

    フジ主演ドラマ好発進も…山崎賢人に足りないアドリブの妙

  10. 10

    鈴木良平氏が異論 「代表監督は日本人に限る」風潮は尚早

もっと見る