健康被害増える“豊胸サプリ” 被害者3割が男性の不思議

公開日: 更新日:

「健康食品」による「健康被害」が相次いでいる。国民生活センターと全国の消費生活センターが苦情相談情報を収集するシステム「PIO―NET」で、2016年度の「危害情報」は健康食品が1位(1866件)だった。14年度は4位で583件、15年度は3位で898件だから、どんどん増えているのが分かる。

 中でも目立つのが、“豊胸サプリ”の存在。女性ホルモンと同じ作用を持つ植物性エストロゲンが含まれているという東南アジア原産のマメ科の植物「プエラリア・ミリフィカ」を加工したサプリで、バストアップやスタイル維持をうたっている。

 だが、厚労省が全国で販売している67製品を調査したところ、不正出血や皮膚障害、消化器障害など過去5年間に223例の健康被害が出ていた。しかも被害者は若い女性に限らない。消費生活コンサルタントの森田満樹氏がこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    想像を超える民意の「ノー」に安倍政権は青ざめている<上>

  2. 2

    孤独なホームレス男性の最期を看取った女性警官の愛は無償

  3. 3

    N国議席獲得で古谷経衡氏が指摘「常識が溶けていく恐怖」

  4. 4

    8年かけて高校を卒業…同級生の“無音”の拍手に校長も感動

  5. 5

    参議院選挙の最大の敗者は「事実」という深刻な事態

  6. 6

    山本太郎らが試算 消費税ゼロで「賃金44万円アップ」の根拠

  7. 7

    ALS患者の舩後氏当選で 議事堂が迫られる改修と慣習の刷新

  8. 8

    れいわ奇跡の躍進 山本太郎「政権を狙いに行く」の現実味

  9. 9

    伊調敗北は“忖度判定”か…代表決定戦で新たな火種が表面化

  10. 10

    ほぼ「絶対君主」吉本興業・岡本昭彦社長のコワモテ評判

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る