健康被害増える“豊胸サプリ” 被害者3割が男性の不思議

公開日:  更新日:

「健康食品」による「健康被害」が相次いでいる。国民生活センターと全国の消費生活センターが苦情相談情報を収集するシステム「PIO―NET」で、2016年度の「危害情報」は健康食品が1位(1866件)だった。14年度は4位で583件、15年度は3位で898件だから、どんどん増えているのが分かる。

 中でも目立つのが、“豊胸サプリ”の存在。女性ホルモンと同じ作用を持つ植物性エストロゲンが含まれているという東南アジア原産のマメ科の植物「プエラリア・ミリフィカ」を加工したサプリで、バストアップやスタイル維持をうたっている。

 だが、厚労省が全国で販売している67製品を調査したところ、不正出血や皮膚障害、消化器障害など過去5年間に223例の健康被害が出ていた。しかも被害者は若い女性に限らない。消費生活コンサルタントの森田満樹氏がこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  4. 4

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  8. 8

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  9. 9

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  10. 10

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

もっと見る