健康被害増える“豊胸サプリ” 被害者3割が男性の不思議

公開日:  更新日:

「健康食品」による「健康被害」が相次いでいる。国民生活センターと全国の消費生活センターが苦情相談情報を収集するシステム「PIO―NET」で、2016年度の「危害情報」は健康食品が1位(1866件)だった。14年度は4位で583件、15年度は3位で898件だから、どんどん増えているのが分かる。

 中でも目立つのが、“豊胸サプリ”の存在。女性ホルモンと同じ作用を持つ植物性エストロゲンが含まれているという東南アジア原産のマメ科の植物「プエラリア・ミリフィカ」を加工したサプリで、バストアップやスタイル維持をうたっている。

 だが、厚労省が全国で販売している67製品を調査したところ、不正出血や皮膚障害、消化器障害など過去5年間に223例の健康被害が出ていた。しかも被害者は若い女性に限らない。消費生活コンサルタントの森田満樹氏がこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  2. 2

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  7. 7

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

  8. 8

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  9. 9

    日ハム吉田輝星が明かす 根尾からの刺激と痛感した実力差

  10. 10

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

もっと見る