O157集団感染で敬遠…ポテサラ党を救うワサビの殺菌効果

公開日: 更新日:

「怖くて食べられません」

 テレビで、したり顔でこんなセリフを吐く主婦を見ると、ポテサラ党のサラリーマンはガックリだ。群馬・埼玉県で起きた突然の「O―157」問題で、ポテトサラダはいま大ピンチ。まるで関係がない商品まで一様に敬遠されたのではポテサラは立つ瀬がない。

 言うまでもなくポテサラは、居酒屋の定番メニュー。家庭でだって付け合わせの一品としてサラリーマンにも子供にも馴染みが深い。

 手洗いや食品の加熱が予防法だが、スーパーやコンビニでパック入りの商品を買った場合、何か注意点はないのか?

「一番のオススメはわさびを使うことです。わさびは抗菌作用が強く、最近はお弁当に透明のラップのようなわさびシートが使われるケースが増えています。つまり、ポテサラに、混ぜ込んだり、チョイ足しして食べると爽やかでオイシイ。ただ、スーパーで売られているチューブ入りの商品は西洋わさびであまり効果はありません。買うのなら、同じチューブ入りでも本わさびの方ですが、それより本物の生わさびの方が効果的です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまへ一時金1億5千万円「支給するな」は法律的に暴論

  2. 2

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  3. 3

    菅首相が墓穴…長男に就職時「総務省と関わるな」と釘刺し

  4. 4

    秋篠宮家を守る官僚や取り巻きの危機管理はマヒ状態

  5. 5

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  6. 6

    山口俊がジャイアンツと契約も 巨人に“7月出戻り”復帰の目

  7. 7

    体調心配な菅首相に異変…“鉄壁のガースーヘア”にも綻びが

  8. 8

    山口組が弱体化する一方で弘道会は強化された警察の“誤算”

  9. 9

    菅長男の総務省接待は「贈収賄の可能性あり」元検事が指摘

  10. 10

    小室圭さん結婚強行で「税金ドロボー」の声に逆転の秘策

もっと見る