日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ストレス減り胃袋シャキッ 話題の「森林セラピー」って何

 仕事や家庭生活に疲れた中高年に「森林セラピー」が話題だ。

 森林セラピーとは、NPO「森林セラピーソサエティ」が推進している森林環境での健康維持・増進活動のこと。事務局の鈴木舞恋さんによると、「科学的な研究を背景に森林浴を一歩進めたもの」で、基本の森林散策に、呼吸法やヨガ、アロマテラピーなどさまざまなプログラムを組み合わせ、「森林セラピーガイド」や「森林セラピスト」など認定資格者の指導の下に行われる。

 この森林セラピーを楽しめる場所が「森林セラピー基地」で、最適な散策路「森林セラピーロード」を2本以上そなえている。同NPOが、リラックス効果など科学的検証をもとに2006年から認定。現在、北海道から沖縄まで全国に62カ所ある。

 そのうちのひとつ、東京都奥多摩町の「おくたま巨樹に癒される森」は、08年に認定された東京唯一の森林セラピー基地だ。森林セラピーロードは5つと全国でも屈指の規模。中でも「香りの道 登計トレイル」(約1.3キロ)は、日本初の森林セラピー専用に設計された道で、車イスでも利用可能。山登りより気軽に楽しめる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事