• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

顔認証や有機ELで話題 iPhoneXは買いか? 問題は何か?

 米アップルが11月3日に発売する新型スマホ「アイフォーンX(テン)」が話題だ。アイフォーンの10周年記念モデルで、同社の従来機種になかった機能を搭載したことが世間の関心を呼んでいる。

 スマホ評論家の新田ヒカル氏によると、今回のメジャーチェンジの特徴は3点。1つは端末の下にあったホームボタンをなくして画面を5・8インチに拡大したこと。2つ目は顔認証システムの導入。そして同社では初めて有機ELを使っている。

「伝統的に組み込まれていたボタンをなくし、フチを狭くすることで画面が過去最大になりました。顔認証はサムスンのギャラクシーが数年前に導入しています。アップルは研究を重ねたはずで精度に自信があると考えられる。1度で読み取るなど、ユーザーが納得する性能であればすごい技術と評価できます。有機ELは電池の持ちが向上する上に、美しさに定評があるアイフォーンの写真がさらに色鮮やかになると期待されます」(新田ヒカル氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事