部下の残業代2割カットできるかが中間管理職の評価基準

公開日:
都庁職員も残業ゼロの施策(C)日刊ゲンダイ

 不倫で窮地の山尾志桜里(43)は、この先の政治生命は絶たれたと言っていい。同じく不倫の斉藤由貴(51)も、いばらの道が待っている。政治家として、さらには母親として“一線”を越えてしまったことへの因果応報だ。「このハゲー!」と秘書を罵倒した豊田真由子(42)は、ある意味、“人間”…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  3. 3

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  4. 4

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  5. 5

    たけし軍団で活躍 宮崎に移住した大森うたえもんさんは今

  6. 6

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  7. 7

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  8. 8

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  9. 9

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  10. 10

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

もっと見る