日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
田丸昇
著者のコラム一覧
田丸昇

1950年5月5日、長野県東御市生まれ。元日本将棋連盟理事。中学生で奨励会入りし、佐瀬勇次名誉九段の門下生となる。長髪から「ライオン丸」というニックネームで知られた。16年10月に現役引退。近著に「名棋士の対局に学ぶ 詰め&必死」(創元社)がある。

中原誠と米長邦雄のデビューは藤井聡太のようにはいかず

自宅でくつろぐ25歳のころの米長邦雄(提供写真)

 1963(昭和38)年の春、米長邦雄(当時19)は四段に昇段して棋士となった。65年の秋、中原誠(当時18)も四段に昇段して棋士となった。

 米長と中原は後年に大棋士となった。しかし、デビュー時は、公式戦でともに連敗してプロの厳しい洗礼を受けた。<…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事