店主は独学 新潟県の農村地帯「奇跡の寿司屋」の紆余曲折

公開日: 更新日:

 新潟県の南魚沼市、東京から新幹線で1時間半の浦佐駅からバスやタクシーで約10分という農村地帯にありながら、食通から極めて高い評価を集める「龍寿し」という寿司屋がある。

「料理の鉄人」の審査員だった香港の美食家チャイ・ラン氏はこの店の味を「これまで寿司を食べてきて最高の寿司」と絶賛。季刊誌「自遊人」編集長の岩佐十良氏も常連客で「奇跡の寿司」と評し足しげく通う。新潟県近海でとれた脂がのったノドグロ、甘みたっぷりの地元名物「西バイガイ」などをネタにした寿司8貫と、お椀、造り、デザートなど5品で5300円。都内で食べたら軽く2万円を超すコースが4分の1の価格という最強コスパが評判を呼び、東京など遠方からの客も多い。

 ご主人の佐藤正幸さん(48)はこの場所で50年前に創業した父の後を継いだ2代目だ。評判の味はどうやって出来上がったか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  2. 2

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  3. 3

    秋篠宮家を守る官僚や取り巻きの危機管理はマヒ状態

  4. 4

    首都圏“宣言”解除に暗雲 都が積極的調査で陽性掘り起こし

  5. 5

    眞子さまへ一時金1億5千万円「支給するな」は法律的に暴論

  6. 6

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  7. 7

    吉本“粛清”ターゲットの大本命は加藤浩次よりキンコン西野

  8. 8

    小室圭さん結婚強行で「税金ドロボー」の声に逆転の秘策

  9. 9

    NHK視聴率快挙は“Wリョウ”次第?朝ドラの成田、大河の吉沢

  10. 10

    タモリの融通無碍な会話力の原点 九州の会社員時代に悟る

もっと見る