店主は独学 新潟県の農村地帯「奇跡の寿司屋」の紆余曲折

公開日:

 新潟県の南魚沼市、東京から新幹線で1時間半の浦佐駅からバスやタクシーで約10分という農村地帯にありながら、食通から極めて高い評価を集める「龍寿し」という寿司屋がある。

「料理の鉄人」の審査員だった香港の美食家チャイ・ラン氏はこの店の味を「これまで寿司を食べてきて最高の寿司」と絶賛。季刊誌「自遊人」編集長の岩佐十良氏も常連客で「奇跡の寿司」と評し足しげく通う。新潟県近海でとれた脂がのったノドグロ、甘みたっぷりの地元名物「西バイガイ」などをネタにした寿司8貫と、お椀、造り、デザートなど5品で5300円。都内で食べたら軽く2万円を超すコースが4分の1の価格という最強コスパが評判を呼び、東京など遠方からの客も多い。

 ご主人の佐藤正幸さん(48)はこの場所で50年前に創業した父の後を継いだ2代目だ。評判の味はどうやって出来上がったか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

  10. 10

    平成最後の紅白は迷走…“目玉なし”で視聴率最低の大ピンチ

もっと見る