店主は独学 新潟県の農村地帯「奇跡の寿司屋」の紆余曲折

公開日: 更新日:

 新潟県の南魚沼市、東京から新幹線で1時間半の浦佐駅からバスやタクシーで約10分という農村地帯にありながら、食通から極めて高い評価を集める「龍寿し」という寿司屋がある。

「料理の鉄人」の審査員だった香港の美食家チャイ・ラン氏はこの店の味を「これまで寿司を食べてきて最高の寿司」と絶賛。季刊誌「自遊人」編集長の岩佐十良氏も常連客で「奇跡の寿司」と評し足しげく通う。新潟県近海でとれた脂がのったノドグロ、甘みたっぷりの地元名物「西バイガイ」などをネタにした寿司8貫と、お椀、造り、デザートなど5品で5300円。都内で食べたら軽く2万円を超すコースが4分の1の価格という最強コスパが評判を呼び、東京など遠方からの客も多い。

 ご主人の佐藤正幸さん(48)はこの場所で50年前に創業した父の後を継いだ2代目だ。評判の味はどうやって出来上がったか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  2. 2

    杏と東出は別居…ドラマ共演で結婚した夫婦が離婚するワケ

  3. 3

    東出昌大“針のムシロ”長期化 良きパパのイメージが致命傷

  4. 4

    東出の不倫発覚で…杏を苛む“浮気のトラウマ”と“男性不信”

  5. 5

    CM降板も…東出昌大「引退危機」不倫疑惑で視聴者総スカン

  6. 6

    兜町は戦々恐々 新型肺炎拡大で日経平均2万円割れに現実味

  7. 7

    東出昌大“裏の顔”浮き彫りに 子育ておろか家事もせず不倫

  8. 8

    日曜朝にTBS「サンモニ」が醸す安心感 人気継続2つの理由

  9. 9

    杉田水脈議員「夫婦別姓ヤジ」で安倍首相お膝元に雲隠れ

  10. 10

    背筋が凍る動機と金満 河井案里1億5000万円は政権の致命傷

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る