選挙公約を読み解く 正規&非正規「給料アップ」の確率は

公開日:

 今回の選挙で各政党は、あれもこれも「やります」と訴えている。改憲も北朝鮮も重要課題に違いないが、サラリーマンが一番気になるのは、やはり所得アップの確率だ。

 自民党は衆院選の選挙公約の3番目の柱として「劇的な生産性の向上」を掲げた。2020年までの3年間を「集中投資期間」と位置づけ、大胆な財政・規制改革をして国民の“所得を大きく増やす”という算段とか。数字こそハッキリしないが、給料がアップするなら大歓迎。だれも文句はないだろう。

 実際、その可能性はどれくらいあるのか? 正規労働者と非正規労働者に分けて考えてみよう。まず、収入が大きく増える可能性がありそうなのは、非正規労働者だ。

 久留米大学商学部の塚崎公義教授が言う。

「派遣社員やアルバイトの時給はどんどん上がる可能性が高い。たとえば、クロネコヤマトが値上げしたのは労働力確保のためです。当然、高い時給を支払う。非正規も時給は上がるはずで、ライバル会社も転職されては困るから追随せざるを得ません。だから、非正規社員は恩恵を受ける可能性が高いのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  2. 2

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る