安くて美味い穴場ワインならスペインとニュージーランド

公開日: 更新日:

 オーパスワンなど高級ワインの産地として知られる米カリフォルニア州北部で、10月8日に大規模な山火事が起き、死者は30人を超えた。

 ブドウ畑や醸造所も被害を受けたが、火災前に多くのブドウは収穫を終えていた。しかし、煙や熱による品質低下は避けられないという。

 同地域は米国のワイン生産量の9割を占める。

 一方、フランス、イタリア、スペインなど欧州のワイン用ブドウ産地では、春のひょうや霜、夏の高温といった異常気象により36年ぶりの不作。昨シーズンに比べ2割も減産になると見込まれている。

 日本にとって、米国と欧州(フランス・イタリア・スペイン)はワイン輸入の6割を占める。この4カ国のワイン生産量が減れば、“安うまワイン”として人気のチリ産ワインも値上がりは必至だ。

 世界の手頃なワインを揃える西武池袋本店地下ワイン売り場の大村隆介さんによれば、「お客さまからも“大丈夫?”と聞かれます。ワインは熟成に数年かかるので、いますぐ売り場のワイン価格が上がることはありませんが、今後も全く影響がないとは言い切れませんね」。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    反町隆史“女性救護”で男を上げ…木村拓哉とばっちりのナゼ

  2. 2

    もっか打撃三冠なのに…巨人坂本“メジャー興味なし”の理由

  3. 3

    女性救護で男上げた “ヤンチャ”反町隆史が大人になるまで

  4. 4

    社会のダニが結集した日本維新の会はすみやかに解散すべき

  5. 5

    国分太一「ビビット」降板…TOKIOに囁かれる“空中分解説”

  6. 6

    日テレ青木源太アナ “ジャニーズ愛”でフリー転身説急浮上

  7. 7

    霞が関7月人事本格化 金融庁長官続投か否かが“忖度”試金石

  8. 8

    12球団トップの20発 西武山川が語る“どすこい”本塁打理論

  9. 9

    安倍政権“究極の二枚舌”金融庁「公的年金に頼るな」のア然

  10. 10

    理由は子どもだけか 磯野貴理子“2度目離婚”芸能記者の見方

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る