安くて美味い穴場ワインならスペインとニュージーランド

公開日:

 オーパスワンなど高級ワインの産地として知られる米カリフォルニア州北部で、10月8日に大規模な山火事が起き、死者は30人を超えた。

 ブドウ畑や醸造所も被害を受けたが、火災前に多くのブドウは収穫を終えていた。しかし、煙や熱による品質低下は避けられないという。

 同地域は米国のワイン生産量の9割を占める。

 一方、フランス、イタリア、スペインなど欧州のワイン用ブドウ産地では、春のひょうや霜、夏の高温といった異常気象により36年ぶりの不作。昨シーズンに比べ2割も減産になると見込まれている。

 日本にとって、米国と欧州(フランス・イタリア・スペイン)はワイン輸入の6割を占める。この4カ国のワイン生産量が減れば、“安うまワイン”として人気のチリ産ワインも値上がりは必至だ。

 世界の手頃なワインを揃える西武池袋本店地下ワイン売り場の大村隆介さんによれば、「お客さまからも“大丈夫?”と聞かれます。ワインは熟成に数年かかるので、いますぐ売り場のワイン価格が上がることはありませんが、今後も全く影響がないとは言い切れませんね」。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  5. 5

    ゴーン後継トヨタ副社長も ルノーが西川社長を追放する日

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    5分の1まで暴落のビットコイン 今こそ買い時か完全崩壊か

もっと見る