改元は19年5月1日 祝日なら実現“GW10連休”の賢い活用法

公開日:

 1日、天皇退位の日程を話し合う皇室会議が宮内庁で開かれた。

 天皇は2019年4月30日に退位。皇太子が翌5月1日に新天皇に即位し、同日に改元することを会議の意見としてまとめた。政府が8日にも閣議決定する。

 改元が5月1日でほぼ確定したことで、19年のGWが超大型連休になるのではないかと騒がれている。祝日法は、国民の祝日に挟まれた間の日を休日と定めており、特例法などで5月1日が祝日になると、4月30日と5月2日も休日となる。昭和から平成への改元時は、「即位の礼」の1990年11月12日が特例法によって祝日となった。確かにGWが10連休になる可能性はある。

 大型連休を存分に満喫するにはどうしたらいいのか。少し気が早いが旅行のプロに聞いてみた。

「10連休が実現したら、おすすめはやはり海外旅行です。片道2日かかるインドネシアの秘境でスキューバダイビングを楽しんでもいいし、釣りが好きなら最近ブームになっている北方4島で釣りをすることだってできます。飛行機のチケット予約は基本的に半年前ですが、泊まってみたいホテルがあれば早めに押さえておくのも手です」(旅行ライターの渡辺輝乃氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  6. 6

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  7. 7

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

  8. 8

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

  9. 9

    ソト天井打に実況絶叫も…東京ドームの限界を評論家が指摘

  10. 10

    中田翔は3年10億円 破格契約の裏に日ハムの“イメージ戦略”

もっと見る