• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

イオン系で販売中止 エロ本はコンビニで売れていないのか

〈そもそもコンビニのエロ本って売れてるの?〉〈誰が買ってるの?〉

 イオングループのコンビニ「ミニストップ」が来年1月1日から国内全2245店舗で成人誌、つまり“エロ本”の販売中止をぶち上げ、ネット上ではそんな疑問の声も飛び交っている。

 藤本明裕社長は業界初の試みについて、「女性により利便性の高いコンビニへの変化を進めており、その取り組みの一環として判断した」「成人誌があることで、子連れで入店することをちゅうちょする方もいる」などと説明。販売中止の影響は、女性向け商品やサービスの拡充で補う考えだという。

「エロ本が売れるか売れないかには“地域差”があるんです。デジタルネーティブの若者や子育て世代が中心の街では売れませんし、そもそも置いてなかったりしますが、ひとり暮らしの高齢者が多い街ではそこそこ売れる。今のエロ本は単価も高いし、それにエロ本だけを買う人は、まずいない。必ず弁当や総菜などを“ついで買い”する。ばかにできない売り上げなんですよ」(流通業界関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  3. 3

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    サンドウィッチマン富澤 2007年M-1優勝の瞬間を振り返る

  8. 8

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  9. 9

    生田悦子さん 最期の言葉は「サンドイッチ買ってきて」

  10. 10

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

もっと見る