イオン系で販売中止 エロ本はコンビニで売れていないのか

公開日:

〈そもそもコンビニのエロ本って売れてるの?〉〈誰が買ってるの?〉

 イオングループのコンビニ「ミニストップ」が来年1月1日から国内全2245店舗で成人誌、つまり“エロ本”の販売中止をぶち上げ、ネット上ではそんな疑問の声も飛び交っている。

 藤本明裕社長は業界初の試みについて、「女性により利便性の高いコンビニへの変化を進めており、その取り組みの一環として判断した」「成人誌があることで、子連れで入店することをちゅうちょする方もいる」などと説明。販売中止の影響は、女性向け商品やサービスの拡充で補う考えだという。

「エロ本が売れるか売れないかには“地域差”があるんです。デジタルネーティブの若者や子育て世代が中心の街では売れませんし、そもそも置いてなかったりしますが、ひとり暮らしの高齢者が多い街ではそこそこ売れる。今のエロ本は単価も高いし、それにエロ本だけを買う人は、まずいない。必ず弁当や総菜などを“ついで買い”する。ばかにできない売り上げなんですよ」(流通業界関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  6. 6

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  7. 7

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

  8. 8

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

  9. 9

    ソト天井打に実況絶叫も…東京ドームの限界を評論家が指摘

  10. 10

    中田翔は3年10億円 破格契約の裏に日ハムの“イメージ戦略”

もっと見る