シェリーめぐみ
著者のコラム一覧
シェリーめぐみジャーナリスト、テレビ・ラジオディレクター

横浜育ち。早稲田大学政経学部卒業後、1991年からニューヨーク在住。

長さと幅で60種類も 米国で発売「新コンドーム」開発秘話

公開日:

 長さと太さの組み合わせで全サイズが60種類もあるコンドームが登場し、大きな話題になっています。

 発売したのは「グローバル・プロテクション・カンパニー(GlobalProtectionCorp)」というNPO法人のコンドームメーカー。これまでに革新的な商品を開発してきただけでなく、世界の若者の性教育にも貢献しています。

 今回の新商品「myONE(マイ・ワン)」は、10種類の長さと9種類の幅からセレクトできて合計60種類。アメリカのコンドーム市場では、さまざまなメーカーのさまざまなタイプが出回っていますが、サイズに限って言えば、これまで大と小くらいのバラエティーしかありませんでした。

 また、コンドームの平均の長さは7インチですが、ある調査によるとアメリカ人男性の平均の長さは5.6インチ。つまり、多くの男性は自分のサイズに合わないコンドームを使っていたのです。さらに、男性が「使いたくない」理由として、「大きすぎる/小さすぎる」といった声もよく上がっていました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  6. 6

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  7. 7

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  8. 8

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  9. 9

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  10. 10

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

もっと見る