ペーパーレス化進む年賀状 メールでアピールするアイデア

公開日: 更新日:

「会社から電子メールで一斉に挨拶を出すことになっているので、年賀状は出しません」(IT技術職)と脱年賀状を宣言する人がいる一方で、「年賀状が電子メール化している今だからこそ、逆に年賀状を丁寧に手書きしてアピールしています」(不動産営業)とアナログを貫く人もいる。

 年賀状の発行枚数は右肩下がりだが、年賀状をめぐるビジネスマナーはどうなっているのか。

「取引先の社長個人にLINEで年始の挨拶を送るのは失礼だと思うけど、会社のメールアドレスになら失礼には当たらないはず。私はペーパーレス化しています」

 こう言うのは、経営コンサルタント。得意先との関係が大切なはずの仕事でさえ、デジタル化が進んでいる。「出す・出さないの基準が曖昧でややこしいので、会社として年賀状は禁止」(システムエンジニア)という企業もある。年賀状を出していない会社の人に、出している事実がバレるとマズイ。そこで、公平性をタテマエに年賀状を禁止にしたのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    朝ドラ熱演好評…三浦貴大“日本のマット・デイモン”の異名

  2. 2

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  3. 3

    安倍政権批判封じ“SNS規制”完全裏目 ネット世論が返り討ち

  4. 4

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  5. 5

    テラハ木村花さん死去 フジテレビにのしかかる3つの大問題

  6. 6

    真の経済効果は28兆円 空前絶後の閉店招く粉飾コロナ対策

  7. 7

    筧美和子は女優に転身…打ち切り「テラハ」元住人の現在地

  8. 8

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  9. 9

    木村花さん死去「テラハ」敏腕プロデューサーM女史の評判

  10. 10

    大原則 政治家も宗教家も「政教分離」意味を知らないのか

もっと見る