• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ペーパーレス化進む年賀状 メールでアピールするアイデア

「会社から電子メールで一斉に挨拶を出すことになっているので、年賀状は出しません」(IT技術職)と脱年賀状を宣言する人がいる一方で、「年賀状が電子メール化している今だからこそ、逆に年賀状を丁寧に手書きしてアピールしています」(不動産営業)とアナログを貫く人もいる。

 年賀状の発行枚数は右肩下がりだが、年賀状をめぐるビジネスマナーはどうなっているのか。

「取引先の社長個人にLINEで年始の挨拶を送るのは失礼だと思うけど、会社のメールアドレスになら失礼には当たらないはず。私はペーパーレス化しています」

 こう言うのは、経営コンサルタント。得意先との関係が大切なはずの仕事でさえ、デジタル化が進んでいる。「出す・出さないの基準が曖昧でややこしいので、会社として年賀状は禁止」(システムエンジニア)という企業もある。年賀状を出していない会社の人に、出している事実がバレるとマズイ。そこで、公平性をタテマエに年賀状を禁止にしたのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  3. 3

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    サンドウィッチマン富澤 2007年M-1優勝の瞬間を振り返る

  8. 8

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  9. 9

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  10. 10

    フジ主演ドラマ好発進も…山崎賢人に足りないアドリブの妙

もっと見る