【アボカドと卵サラダのブルスケッタ】コクのあるリッチな卵サンド

公開日:

ザ・グッド・バイブス(東京・浅草橋)

 家庭でもおなじみの食材になりつつある「アボカド」を使ったダンツマ。今回のメニューは、前回のフリットでわざと(!)余らせてでも、作りたくなる一品だ。

「バゲットだけでなく、食パンにサンドしてもいい。いつもとはひと味違った卵サンドになりますよ」

 絶品に仕上げるコツは、塩気。料理の基本でもあるが、一度に味を決めようとするのではなく、塩は少しずつ加えるのがポイントだ。卵とアボカドは相性がよく、それを引き立てるようにピクルスを入れたことでほんのりとした酸味があり、食欲をそそる。

 星シェフに教えてもらった分量を目安にすれば、アボカドの量を増やしてたっぷり作ることも可能。年末年始のちょっとした集まりに前菜として出すのもおすすめだ。

 《材料》 
・アボカド  4分の1個
・固ゆで卵  1個
・ピクルス  4グラム(小1本分目安)
・マヨネーズ  大さじ1
・塩、こしょう  各適宜
・バゲット  3枚
・イタリアンパセリ(飾り用)

 《作り方》 
(1)アボカドは包丁を縦にぐるりと入れ、ひねって半分に割り、種を包丁に引っかけて取る。皮をむき、粗みじんにする。
(2)固ゆで卵、ピクルスもそれぞれ粗みじんにする。
(3)ボウルに①と②を入れ、マヨネーズ、塩、こしょうを加え、混ぜ合わせながら味を調える。
(4)1.5センチ幅に切ったバゲットに③をたっぷりとのせ、イタリアンパセリを飾って出来上がり。

今日の達人 星阿騎野さん

▽ほし・あきの
 1986年8月9日、東京生まれ。大卒後、渋谷のビストロで働いたのち、オープン以来4年連続でミシュラン1つ星を獲得する高級フランス料理店「ジャンジョルジュトウキョウ」の米澤文雄シェフの下で2年間働き、「ザ・グッド・バイブス」の開店を機に同店長に。生まれも育ちも浅草の江戸っ子で姉2人の末っ子長男。女性の心をわしづかみにする料理はお手のもの。

●ザ・グッド・バイブス
 秋葉原と浅草橋の駅からそれぞれ徒歩圏内のビル1階に17年3月にオープン。必食の5日間かけて作る厚切り絶品パストラミをはじめ、具だくさんのハンバーガーやサンドイッチのほか、アルコールが進むアメリカン料理が並ぶ。マヨネーズに薫製卵などいずれも自家製。一つ一つ愛情と手間がかけられている。オーナーは米澤シェフの美人妻の江美子さん。
東京都台東区浅草橋5―4―2
℡03・5829・6815

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  2. 2

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  3. 3

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  4. 4

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    市場に流れる日産「上場廃止」説 “積極退場”の仰天情報も

  9. 9

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  10. 10

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

もっと見る