• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

年60日スキー 星野リゾート星野佳路代表の「遊び」の秘訣

 国内外で36の宿泊施設を展開する星野リゾート。代表の星野佳路さん(57)は全国各地を飛び回る日々を送っているが、その一方で年間60日間を趣味のスキーにあてている。星野さんにとって「遊び」とは何か、遊ぶためにどうやって時間をつくっているのか、その秘訣を聞いた。

「仕事から離れる時間をつくる。これがプラスに働いています。私にとって『遊び』はスキーですから、ここ10年ぐらいは毎年60日、必ずスキーをすると決めています。まずアシスタントと相談しながら、カレンダーにスケジュールを埋め込んでいきます。『遊び』の時間を確保してから、残りの305日で仕事を計画するという、まったく逆の発想です。そこまでしない限り、仕事の合間とか、暇な時にやろうと思っても時間がない、となります。目標は達成できません」

 そのためには、徹底的に「無駄」を省く。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  4. 4

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  5. 5

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  6. 6

    山根明氏が天覧試合で解説…写真の存在に文科省が戦々恐々

  7. 7

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

  8. 8

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

  9. 9

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  10. 10

    3年ぶり減益予想 企業業績の悪化がアベノミクスのトドメに

もっと見る