年60日スキー 星野リゾート星野佳路代表の「遊び」の秘訣

公開日:

 国内外で36の宿泊施設を展開する星野リゾート。代表の星野佳路さん(57)は全国各地を飛び回る日々を送っているが、その一方で年間60日間を趣味のスキーにあてている。星野さんにとって「遊び」とは何か、遊ぶためにどうやって時間をつくっているのか、その秘訣を聞いた。

「仕事から離れる時間をつくる。これがプラスに働いています。私にとって『遊び』はスキーですから、ここ10年ぐらいは毎年60日、必ずスキーをすると決めています。まずアシスタントと相談しながら、カレンダーにスケジュールを埋め込んでいきます。『遊び』の時間を確保してから、残りの305日で仕事を計画するという、まったく逆の発想です。そこまでしない限り、仕事の合間とか、暇な時にやろうと思っても時間がない、となります。目標は達成できません」

 そのためには、徹底的に「無駄」を省く。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  8. 8

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る