年60日スキー 星野リゾート星野佳路代表の「遊び」の秘訣

公開日:

 国内外で36の宿泊施設を展開する星野リゾート。代表の星野佳路さん(57)は全国各地を飛び回る日々を送っているが、その一方で年間60日間を趣味のスキーにあてている。星野さんにとって「遊び」とは何か、遊ぶためにどうやって時間をつくっているのか、その秘訣を聞いた。

「仕事から離れる時間をつくる。これがプラスに働いています。私にとって『遊び』はスキーですから、ここ10年ぐらいは毎年60日、必ずスキーをすると決めています。まずアシスタントと相談しながら、カレンダーにスケジュールを埋め込んでいきます。『遊び』の時間を確保してから、残りの305日で仕事を計画するという、まったく逆の発想です。そこまでしない限り、仕事の合間とか、暇な時にやろうと思っても時間がない、となります。目標は達成できません」

 そのためには、徹底的に「無駄」を省く。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  4. 4

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  5. 5

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  6. 6

    巨額税収減に負け惜しみ連発…小池知事がさらけ出した無能

  7. 7

    数字残して当たり前…阪神FA西に浴びせられるドギツい洗礼

  8. 8

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  9. 9

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  10. 10

    雄星メジャー“最後の壁” 球団ドクター難癖で買い叩き懸念

もっと見る