【ウイスキーチキン】甘辛なテリヤキ味は男のツマミの王道

公開日: 更新日:

イバイア(東京・東銀座)

「酒のつまみの王道といえば、テリヤキ味ですよね」と、今回のメニューはウイスキーでマリネした鶏手羽を香ばしく焼いた「ウイスキーチキン」。深味さんがニューヨークのジャズレストラン「ブルースモーク」で出合ったバッファローウイングのアレンジだという。

 バッファローウイングは、スパイスでマリネした鶏手羽を素揚げにし、ブルーチーズソースにからめて食べるアメリカのジャンクフードだが、ここではヘルシーさや手軽さも意識して、グリルで焼きレモンを搾って食べるシンプルスタイルに。

「焼き上がりの目安としては、串を刺して透明な肉汁が出てきたらOK」

 手づかみでがぶりと頬張れば、骨からするりとはずれた肉はふわっと軟らかく、肉汁がジュワーッ。甘辛味がたまらない。

「マリネするウイスキーはお好みでかまいませんが、個人的には今、バーボンがきてますね」と深味さん。カラメルのような甘さをダイレクトに感じるバーボンはテリヤキ味にうってつけ。もちろん、合わせる酒もバーボンがいい。

《材料》
・鶏手羽先  8本
・塩、こしょう  各適量
・A(すりおろしにんにく1片分、ケチャップ大さじ2、ウイスキー50ミリリットル、片栗粉小さじ1、タバスコ適量)
・レモン  2分の1個
・セロリの葉  適宜

《レシピ》
(1)鶏手羽先は、塩、こしょうをしてビニール袋に入れ、Aを加えてよくもみ、冷蔵庫でひと晩置く。
(2)①の皮目を上にして魚焼きグリルに並べ、強めの中火で両面をきつね色になるまで焼く。
(3)皿に盛り、半分に切ったレモンと彩りでセロリの葉を添える。

今日の達人 深味雄二さん

▽ふかみ・ゆうじ
 山梨県出身。辻調理師専門学校を卒業後、「株式会社ひらまつ」に入社。東京・広尾「ヴィノッキオ」、原宿「メゾン・ド・オペラ」を経て、芝公園「クレッセント」へ。2001年のオープン時から銀座「マルディグラ」のスーシェフを12年間務めた後、「ひらまつ」で知り合い「マルディグラ」で共に働いたオーナーの兼安聡子さんに誘われ、2013年から「イバイア」の料理長。

●イバイア
 肉料理に定評のあるカジュアルビストロ。埼玉県にあるオーナーの自家菜園から届く季節の野菜料理も人気。17~24時(22時LO)、月曜定休。東京都中央区銀座3―12―5
1F 地下鉄東銀座駅A3出口から徒歩5分
℡03・6264・2380

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    年金8兆円消えた…姑息GPIFが発表「今後失う」衝撃の数字

  2. 2

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  3. 3

    前嶋和弘氏 トランプ岩盤支持…差別問題のダメージ少ない

  4. 4

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  5. 5

    巨人エース菅野をむしばむ「最低8回は投げろ」の過酷指令

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    韓国俳優と熱愛報道 綾瀬はるかが亡父に誓った結婚の執念

  8. 7

    小規模地震多発は不気味な予兆…「大地震の相場」の復習を

  9. 8

    巨人“正捕手問題”解決せず…「打てる捕手」の日は1勝3敗

  10. 9

    老舗経済誌が安倍首相批判を特集した理由 編集長に聞いた

  11. 10

    中国の“弱点”三峡ダムが決壊の危機…世界中で株価の暴落も

もっと見る