田丸昇
著者のコラム一覧
田丸昇

1950年5月5日、長野県東御市生まれ。元日本将棋連盟理事。中学生で奨励会入りし、佐瀬勇次名誉九段の門下生となる。長髪から「ライオン丸」というニックネームで知られた。16年10月に現役引退。近著に「名棋士の対局に学ぶ 詰め&必死」(創元社)がある。

70歳現役最年長の桐山清澄九段 「通算1000勝」への奮闘

公開日: 更新日:

 写真は、私が40年以上前に撮った桐山清澄九段(70)。髪形はだいぶ変わっているが、柔和な表情は昔のままである。

 加藤一二三・九段(78)、森ケイ二・九段(71)らの高齢棋士が昨年に引退し、桐山九段が現役棋士の中で最年長である。

 桐山は奈良県の生まれ。5歳で将棋を覚え、地元によく来ていた升田幸三(実力制第四代名人)に指導対局を受けたことがあった。1957(昭和32)年の9歳のとき、棋士をめざして東京の升田の自宅で内弟子をした。しかし、ホームシックにかかって泣いてばかりいて、毎晩のように実家に長距離電話。タイトルを独占して初の三冠王になった升田も「泣く子と電話代」に困り果て、数カ月で桐山を奈良に帰すことにした。

 ただ桐山の将棋熱は冷めてなかった。翌年に縁あって増田敏二・六段の弟子となり、関西奨励会に入会した。「大マスダ」から「小マスダ」の門下に移った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

  2. 2

    眞子さまの結婚問題に揺れる秋篠宮家 当初は小室圭さんを絶賛された紀子さまに起きた変化

  3. 3

    日本人の「知性低下」を露呈した東京五輪…政治家も官僚も私利私欲に走る

  4. 4

    小山田圭吾が一生涯背負う“十字架”と本当の謝罪 障害者の父親は「謝っても許されない」と強い憤り

  5. 5

    東京五輪入場行進にドラクエのテーマが…作曲家は”安倍応援団” 過去にはLGBT巡り物議醸す発言

  6. 6

    五輪スタッフ、メディア関係者に「インチキ陰性判定」乱発か?検査スリ抜けこんなに簡単

  7. 7

    山崎育三郎“離婚”に高い壁 安倍なつみ復帰でざわつくメディア、本当の異変は?

  8. 8

    コカ・コーラ社以外は持ち込むな!五輪サッカー観戦で鹿嶋市の小中学生に要望したのは誰だ?

  9. 9

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  10. 10

    菅首相がファイザーCEOを国賓級おもてなし ワクチン枯渇“土下座交渉”も思惑また外れ…

もっと見る