田丸昇
著者のコラム一覧
田丸昇

1950年5月5日、長野県東御市生まれ。元日本将棋連盟理事。中学生で奨励会入りし、佐瀬勇次名誉九段の門下生となる。長髪から「ライオン丸」というニックネームで知られた。16年10月に現役引退。近著に「名棋士の対局に学ぶ 詰め&必死」(創元社)がある。

70歳現役最年長の桐山清澄九段 「通算1000勝」への奮闘

公開日: 更新日:

 写真は、私が40年以上前に撮った桐山清澄九段(70)。髪形はだいぶ変わっているが、柔和な表情は昔のままである。

 加藤一二三・九段(78)、森ケイ二・九段(71)らの高齢棋士が昨年に引退し、桐山九段が現役棋士の中で最年長である。

 桐山は奈良県の生まれ。5歳で将棋を覚え、地元によく来ていた升田幸三(実力制第四代名人)に指導対局を受けたことがあった。1957(昭和32)年の9歳のとき、棋士をめざして東京の升田の自宅で内弟子をした。しかし、ホームシックにかかって泣いてばかりいて、毎晩のように実家に長距離電話。タイトルを独占して初の三冠王になった升田も「泣く子と電話代」に困り果て、数カ月で桐山を奈良に帰すことにした。

 ただ桐山の将棋熱は冷めてなかった。翌年に縁あって増田敏二・六段の弟子となり、関西奨励会に入会した。「大マスダ」から「小マスダ」の門下に移った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    主演映画が大コケ…高橋一生は「東京独身男子」で見納めか

  2. 2

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  3. 3

    好調"月9"を牽引 本田翼が放つ強烈オーラと現場での気配り

  4. 4

    帰化決意の白鵬が狙う理事長の座 相撲界を待つ暗黒時代

  5. 5

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  6. 6

    女子高生のスカート丈は景気とリンク 令和は長いor短い?

  7. 7

    安倍首相に怯える公明 増税延期解散なら小選挙区壊滅危機

  8. 8

    主演「特捜9」が初回首位 V6井ノ原快彦が支持されるワケ

  9. 9

    モデルMALIA.はバツ4に…結婚・離婚を繰り返す人の共通項

  10. 10

    専門家が分析「亀と山P」春ドラマ対決の“勝者”はどっち?

もっと見る