田丸昇
著者のコラム一覧
田丸昇

1950年5月5日、長野県東御市生まれ。元日本将棋連盟理事。中学生で奨励会入りし、佐瀬勇次名誉九段の門下生となる。長髪から「ライオン丸」というニックネームで知られた。16年10月に現役引退。近著に「名棋士の対局に学ぶ 詰め&必死」(創元社)がある。

ラジオから流れる村田英雄「王将」を聴いて将棋を始めた

公開日:

 公式戦の年末の対局は、通常は12月28日ごろが最後である。時には対局日程が詰まって大晦日に及んだこともあった。

 1991(平成3)年12月31日。王将戦の挑戦者決定戦で、中原誠名人(当時44)と谷川浩司竜王(同29)の対局が東京の将棋会館で行われた。

 中原が勝てば通算1000勝、谷川が勝てば通算600勝を達成するという、ともに節目の大一番となった。

 大晦日の対局とは、どんな雰囲気だったのだろうか。近所の店は大半が休業している。そこで将棋連盟は、対局者らの食事に出前の弁当を用意したようだ。

 両者が持ち時間をフルに使って熱戦となり、対局が終わって外に出たら除夜の鐘が鳴り響いていた、という光景も想定された。しかし、午後9時前には終局し、谷川竜王が勝った。

 大晦日の恒例のテレビ番組といえば、「NHK紅白歌合戦」である。今年はゲスト審査員として、バラエティー番組などに出演して人気者の「ひふみん」こと加藤一二三・九段(77)が登場することが発表された。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  3. 3

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    ついに撤回運動…山手線新駅「高輪ゲートウェイ」変更は?

もっと見る