田丸昇
著者のコラム一覧
田丸昇

1950年5月5日、長野県東御市生まれ。元日本将棋連盟理事。中学生で奨励会入りし、佐瀬勇次名誉九段の門下生となる。長髪から「ライオン丸」というニックネームで知られた。16年10月に現役引退。近著に「名棋士の対局に学ぶ 詰め&必死」(創元社)がある。

15歳の少年の影響で将棋界に地殻変動が起きそうな予感

公開日: 更新日:

 昨年の将棋界は、最年少棋士の藤井聡太四段(15)が達成した29連勝の新記録が日本中で注目され、「藤井フィーバー」が巻き起こった。その影響で将棋人気が高まっている。

 それを象徴するように、元日の新聞には藤井四段が登場する対談記事がいくつも掲載されて紙面をにぎわせた。

 読売新聞では、羽生善治竜王(47)と藤井四段が対談した。

 両者は東京・千駄ケ谷の将棋会館の向かいにある鳩森神社の将棋堂の前で、ともに羽織はかまの和服姿で記念撮影した。初めて和服を着た藤井は、「思ったよりも着やすく、伝統の重みを感じました」と感想を語っている。

 羽生が「七冠制覇」を達成した1996(平成8)年の偉業の話題では、次のような内容の話が交わされた。
藤井「七冠達成の1年前にも七冠に挑戦され、王将戦で谷川先生(浩司九段・55)に負けました。その後、六冠を維持したまま再度七冠挑戦という舞台に立たれたのは、ものすごいことだと思います。どのように気持ちを立て直されたのですか」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    かつて石原プロ解散を踏み止まらせた舘ひろしの男気発言

  2. 2

    ショーケンに渡哲也が激怒した“東映京都撮影所騒動”の顛末

  3. 3

    広島V逸なら緒方政権今季限り 次期監督候補に金本氏急浮上

  4. 4

    自民・萩生田氏「消費増税延期」発言に隠された姑息な狙い

  5. 5

    満身創痍も…渡哲也が貫く“男が惚れる晩節”と裕次郎イズム

  6. 6

    開幕5カード全負け越し“投壊”広島が再建託す2人の秘密兵器

  7. 7

    改革バカにケンカを売る山本太郎「れいわ新撰組」の本気度

  8. 8

    巨人は垂涎…竜新助っ人ロメロで証明された森SDの“慧眼”

  9. 9

    女優と歌手で本格復帰も…柴咲コウを縛る“三足目のワラジ”

  10. 10

    「美味しんぼ」原作者が鼻血問題の騒動後をブログで告発

もっと見る