• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
田丸昇
著者のコラム一覧
田丸昇

1950年5月5日、長野県東御市生まれ。元日本将棋連盟理事。中学生で奨励会入りし、佐瀬勇次名誉九段の門下生となる。長髪から「ライオン丸」というニックネームで知られた。16年10月に現役引退。近著に「名棋士の対局に学ぶ 詰め&必死」(創元社)がある。

15歳の少年の影響で将棋界に地殻変動が起きそうな予感

 昨年の将棋界は、最年少棋士の藤井聡太四段(15)が達成した29連勝の新記録が日本中で注目され、「藤井フィーバー」が巻き起こった。その影響で将棋人気が高まっている。

 それを象徴するように、元日の新聞には藤井四段が登場する対談記事がいくつも掲載されて紙面をにぎわせた。

 読売新聞では、羽生善治竜王(47)と藤井四段が対談した。

 両者は東京・千駄ケ谷の将棋会館の向かいにある鳩森神社の将棋堂の前で、ともに羽織はかまの和服姿で記念撮影した。初めて和服を着た藤井は、「思ったよりも着やすく、伝統の重みを感じました」と感想を語っている。

 羽生が「七冠制覇」を達成した1996(平成8)年の偉業の話題では、次のような内容の話が交わされた。
藤井「七冠達成の1年前にも七冠に挑戦され、王将戦で谷川先生(浩司九段・55)に負けました。その後、六冠を維持したまま再度七冠挑戦という舞台に立たれたのは、ものすごいことだと思います。どのように気持ちを立て直されたのですか」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  2. 2

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  3. 3

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  4. 4

    交通遺児に残された亡父の車を競売に…劇的展開に感動の嵐

  5. 5

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  6. 6

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  7. 7

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  8. 8

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  9. 9

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  10. 10

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

もっと見る