曽我和弘
著者のコラム一覧
曽我和弘

大学卒業後、ゴルフ雑誌や米国医学雑誌の編集を経て、あまから手帖社に入社。一貫して雑誌畑を歩む。99年にクリエイターズ・ファクトリーを設立。食分野を中心に取材・執筆のほか、食文化の継承や食の流行を作ったりと多方面で活躍。JR大阪駅構内などの飲食店もプロデュース。駅ナカビジネスの仕掛け人とも呼ばれる。現在は大阪樟蔭女子大で講師も務め、関西食文化研究会座長でもある。

もつ鍋 みやわき(大阪・北浜)本場のダシで新鮮な肉がうまい

公開日: 更新日:

 もつ鍋は福岡が発祥といわれており、戦後炭鉱労働者として働いていた朝鮮の人たちが食べていたホルモン鍋から生まれた料理である。それが徐々に伝播して今や全国どこにでもあるものになった。「福岡とはだしに違いがある」と指摘するのは、北浜で「もつ鍋みやわき」を構える宮脇匡さんだ。

 彼は親戚が営む博多屋で教えてもらい、本場のようなだしを作りながら博多のもつ鍋を提供している。だしは九州産の醤油を数種用いて作っているそう。薄口と濃口を使い分け、そこに九州らしい甘口の醤油も加えている。

 代表メニューである博多名物もつ鍋(1人前900円)は、小腸、アカセン、センマイ、ハートの4種のもつを、キャベツ、ニラといっしょに醤油で作っただしで煮込んだもの。一般的なだしは用いず、醤油ベースだけにしているが、それほど辛くない。

「もつの脂から出るだしがうまく、昆布やカツオを使わなくても十分おいしく味わえるんです」と宮脇さん。ただし、一般的な鍋は煮詰まるとだしを足せるが、このだしは醤油ベースなので余計に辛さが出てしまう。その時は湯を足して薄めるのだとか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    主演映画が大コケ…高橋一生は「東京独身男子」で見納めか

  2. 2

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  3. 3

    好調"月9"を牽引 本田翼が放つ強烈オーラと現場での気配り

  4. 4

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  5. 5

    帰化決意の白鵬が狙う理事長の座 相撲界を待つ暗黒時代

  6. 6

    安倍首相に怯える公明 増税延期解散なら小選挙区壊滅危機

  7. 7

    女子高生のスカート丈は景気とリンク 令和は長いor短い?

  8. 8

    主演「特捜9」が初回首位 V6井ノ原快彦が支持されるワケ

  9. 9

    モデルMALIA.はバツ4に…結婚・離婚を繰り返す人の共通項

  10. 10

    専門家が分析「亀と山P」春ドラマ対決の“勝者”はどっち?

もっと見る