幹部は年収1280万円 意外に知らない「自衛官の暮らし」

公開日:

 福井県の国道8号の大雪による立ち往生で、災害派遣された陸上自衛隊の自衛官たち。猛吹雪の中、雪かきする若い隊員たちに激励の声が集まっているが、意外に知られていないのが彼らの暮らしぶりだ。

 自衛官とは、防衛省に所属する特別職の国家公務員。隊員数は、陸海空・統合幕僚監部等を含め合計22万4422人。女性自衛官の割合が増えており、全体の6・1%に当たる1万3707人が女性だ。女性自衛官の場合、補給隊などの後方支援に配属されることが多いが、昨今は戦闘機への配属制限も解除され、攻撃用ヘリをバリバリ操縦している女性自衛官もいる。

 気になる給料はどうか? 09年に自衛官のモデル給与例(別表)が公表されているが、ほぼこの金額と思っていい。福井で雪かきをしている隊員(20歳・独身)だと、年収は約311万円。体を張っている割に少ない気もするが、衣食住がタダということを考えればなかなかの水準だ。このクラスは、ほぼ任期制の隊員で、陸自は1期2年、海自と空自は3年。2期くらい務めて辞める(平均年齢22歳)隊員が多いそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  2. 2

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  3. 3

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  6. 6

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

  7. 7

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  8. 8

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  9. 9

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  10. 10

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

もっと見る