• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
曽我和弘
著者のコラム一覧
曽我和弘

大学卒業後、ゴルフ雑誌や米国医学雑誌の編集を経て、あまから手帖社に入社。一貫して雑誌畑を歩む。99年にクリエイターズ・ファクトリーを設立。食分野を中心に取材・執筆のほか、食文化の継承や食の流行を作ったりと多方面で活躍。JR大阪駅構内などの飲食店もプロデュース。駅ナカビジネスの仕掛け人とも呼ばれる。現在は大阪樟蔭女子大で講師も務め、関西食文化研究会座長でもある。

Bar SAVOY hommage(花隈)バーテンダーで世界初? 酒粕でカクテル

 花隈にあるバー「サヴォイ オマージュ」は、気鋭のバーテンダー・森崎和哉さんが営んでいる。

 彼は昨年、香港で開かれたオールワールドオープンカップ2017に日本代表として出場し、創作カクテルで見事グランプリを獲得した。同大会はこれまで日本人には鬼門とされていて誰も勝てなかった。それで優勝するのだから森崎さんのカクテルがいかに凄いかがわかるだろう。

「何にでも挑戦したい」と語る森崎さんが、この度、酒粕プロジェクトに参加し、あろうことか酒粕でカクテルを作ってしまった。

 2月から同店で提供している雅(1400円)と雪化粧(1200円)がその挑戦作。雅はサワータイプのもので、酒粕のピューレを作り、サントリーの六ジンとカリブプレーンシロップ、柚子果汁を合わせてシェークする。それをサワーグラスに注いで炭酸を加えて軽くまぜる。見た目に甘酒の印象があるが、味は全くそれではない。六ジンに含まれるボタニカル感がうまくマッチし、苦味が感じられる爽やかな一杯になっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「稼いだのは1カ月…」ブレークから10年たった鼠先輩は今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    沖縄県知事選 玉城デニー氏「ひとつになって前進すべき」

  4. 4

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  5. 5

    抑え崩壊で接戦恐怖症 巨人最後の手段は「守護神・菅野」

  6. 6

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  7. 7

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  8. 8

    巨人と西武のオーナーが示唆も…「監督続投要請」の吉凶

  9. 9

    富士山大噴火 気象研「降灰量シミュレーション」の衝撃

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る