• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

野菜高騰で冷凍輸入品が人気 食料自給率“押し下げ”の深刻

投稿日:

 キャベツやレタス、ハクサイなど生鮮野菜の高騰が続く中、「冷凍野菜」が人気を集めている。手軽な上、価格が安定しているからだ。

 大手スーパーの担当者は「昨年10月の台風で生鮮野菜が高騰しましたが、それ以来、冷凍野菜が今も好調です」と語った。だが、生鮮野菜から冷凍野菜へのシフトは、安易に歓迎できない。

 日本の食料自給率はジリ貧だ。1965年度には73%(カロリーベース)だったが、2016年度は38%まで落ち込んでいる。比較的高いのは米(98%)と野菜(76%)で、輸入モノ中心の冷凍野菜がドンドン増えれば、自給率を押し下げるのは間違いない。

「野菜の自給率が高いのは、生鮮野菜は日持ちしないので、消費地の近くから調達するためです。この間、業務用や外食向けを中心に、高騰している国産の生鮮野菜に代えて、輸入冷凍野菜の調達が増えています」(農水省・園芸作物課)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  4. 4

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  5. 5

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

  6. 6

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  7. 7

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  8. 8

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

もっと見る