田丸昇
著者のコラム一覧
田丸昇

1950年5月5日、長野県東御市生まれ。元日本将棋連盟理事。中学生で奨励会入りし、佐瀬勇次名誉九段の門下生となる。長髪から「ライオン丸」というニックネームで知られた。16年10月に現役引退。近著に「名棋士の対局に学ぶ 詰め&必死」(創元社)がある。

あと1勝が勝てない…「将棋界の一番長い日」

公開日:

 A級順位戦の最終日は「将棋界の一番長い日」と呼ばれる。名人戦の挑戦者争い、一流棋士の証しであるA級の地位を守る残留争いが、大いに注目される。

 今年は3月2日に最終11回戦の5局が一斉に行われた。

 最終日の時点で最有力の挑戦者候補は、6勝3敗の久保利明王将(42=写真上)と豊島将之八段(27=写真下)。ともに勝てば両者のプレーオフに持ち込まれる。どちらか一方が勝てば挑戦者に決まる。

 久保王将と豊島八段がともに敗れた場合、全対局をすでに終えた6勝4敗の羽生善治竜王(47)など、最多で6人が挑戦者決定戦に進む可能性がある。

 今期のA級は定員より1人多い11人なので、降級者も1人多い3人。その残留争いは、2勝7敗で降級がすでに決まった屋敷伸之九段(46)のほかに、4人に降級のおそれがあった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  4. 4

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  5. 5

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  6. 6

    数字残して当たり前…阪神FA西に浴びせられるドギツい洗礼

  7. 7

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  8. 8

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  9. 9

    月9「SUITS」で高評価 鈴木保奈美の豪華衣装と着こなし方

  10. 10

    掛布氏と岡田氏は会話せず…阪神OB会に漂った微妙な空気

もっと見る