田丸昇
著者のコラム一覧
田丸昇

1950年5月5日、長野県東御市生まれ。元日本将棋連盟理事。中学生で奨励会入りし、佐瀬勇次名誉九段の門下生となる。長髪から「ライオン丸」というニックネームで知られた。16年10月に現役引退。近著に「名棋士の対局に学ぶ 詰め&必死」(創元社)がある。

羽生竜王に勝った藤井五段は“35キロ地点”から独走だった

公開日: 更新日:

 朝日杯将棋オープン戦の準決勝で、羽生善治竜王(47)と藤井聡太五段(15)の対局が2月17日に公開で行われた。

 昨年に非公式戦で対局した両者(成績は1勝1敗)は、本局が初の公式戦となった(持ち時間は各40分)。

 会場は都心の「有楽町朝日ホール」で、約600人が壇上の対局を観戦した。その入場券はネット発売されるとすぐに完売し、前列の方の特等席は約1万円の価格だった。

 私は1月の本欄で、羽生竜王と藤井五段の対局をマラソンに例えて、「藤井がロードで競り合って競技場での勝負に持ち込めば、スプリント(将棋でいえば終盤の詰めの速さ)で羽生に勝る藤井が勝てる可能性は十分にある」と予想した。35キロ地点で羽生に振り切られたら、藤井に勝ち目はない。

 その注目の一戦は、後手番の羽生が最近の流行形である「雁木」模様の囲いに組むと、藤井が先攻して戦いが始まった。羽生もすかさず反撃して激闘が繰り広げられた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    福岡知事選で“麻生アレルギー” 学会や九州財界から爪弾き

  2. 2

    籠池氏が久々の爆弾発言「昭恵付職員が財務省室長と面会」

  3. 3

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  4. 4

    東京福祉大“消えた留学生”問題を招いた安倍政権の数値目標

  5. 5

    東京五輪で終電延長 鉄道各社が強いられる“ブラック労働”

  6. 6

    北方領土「第2次世界大戦の結果論」というのは暴論である

  7. 7

    ルノーと三菱グループ急接近か 日産含む“3社統合”への思惑

  8. 8

    北が安倍政権を猛批判 米朝破談で逆に日本を「脅威利用」

  9. 9

    故内田裕也さんのロックな人生 破天荒の裏の“冷静と情熱”

  10. 10

    記者に華奢な手を差し出し…葉月里緒奈に感じた“魔性の女”

もっと見る