• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
田丸昇
著者のコラム一覧
田丸昇

1950年5月5日、長野県東御市生まれ。元日本将棋連盟理事。中学生で奨励会入りし、佐瀬勇次名誉九段の門下生となる。長髪から「ライオン丸」というニックネームで知られた。16年10月に現役引退。近著に「名棋士の対局に学ぶ 詰め&必死」(創元社)がある。

羽生竜王に勝った藤井五段は“35キロ地点”から独走だった

 朝日杯将棋オープン戦の準決勝で、羽生善治竜王(47)と藤井聡太五段(15)の対局が2月17日に公開で行われた。

 昨年に非公式戦で対局した両者(成績は1勝1敗)は、本局が初の公式戦となった(持ち時間は各40分)。

 会場は都心の「有楽町朝日ホール」で、約600人が壇上の対局を観戦した。その入場券はネット発売されるとすぐに完売し、前列の方の特等席は約1万円の価格だった。

 私は1月の本欄で、羽生竜王と藤井五段の対局をマラソンに例えて、「藤井がロードで競り合って競技場での勝負に持ち込めば、スプリント(将棋でいえば終盤の詰めの速さ)で羽生に勝る藤井が勝てる可能性は十分にある」と予想した。35キロ地点で羽生に振り切られたら、藤井に勝ち目はない。

 その注目の一戦は、後手番の羽生が最近の流行形である「雁木」模様の囲いに組むと、藤井が先攻して戦いが始まった。羽生もすかさず反撃して激闘が繰り広げられた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  4. 4

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  5. 5

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

  6. 6

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  7. 7

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  8. 8

    大物2世タレントの彼は20歳上の私に「部屋に行きたい」と

  9. 9

    高まる認可白紙の可能性 小池知事が来月迎える「敗戦の日」

  10. 10

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

もっと見る