田丸昇
著者のコラム一覧
田丸昇

1950年5月5日、長野県東御市生まれ。元日本将棋連盟理事。中学生で奨励会入りし、佐瀬勇次名誉九段の門下生となる。長髪から「ライオン丸」というニックネームで知られた。16年10月に現役引退。近著に「名棋士の対局に学ぶ 詰め&必死」(創元社)がある。

映画「王将」のモデルにも 伝説の棋士・阪田三吉の生涯

公開日: 更新日:

 写真は、伝説の棋士として知られる阪田三吉(贈名人・王将)。

 映画や芝居で表題となった「王将」の主人公だ。阪東妻三郎、森繁久弥、三国連太郎、勝新太郎らの名優が演じた。

 阪田は1870(明治3)年に大阪府泉北郡舳松村(現・堺市)で生まれた。将棋は10歳の頃に覚え、やがて近隣では相手がいないほど強くなった。

 阪田は草履職人だった父親の家業を継いだ。しかし、仕事に身が入らず、大阪市内に出かけて「賭け将棋」を指しては金を稼いだ。「堺の三吉」と呼ばれて関西で恐れられた。

 阪田が24歳の頃、将棋の武者修行に東京から西国へ遊歴している青年と対局する機会があった。2歳年長の新進棋士の関根金次郎四段だった。

 阪田がいくら強くてもしょせんアマである。勝負は関根の完勝に終わった。ただ関根は「風変わりな将棋を指すが、腕力がかなり強い将棋」と、阪田の実力を当初から評価していた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  2. 2

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  3. 3

    江角、滝クリ、国仲…“22歳差婚”武田真治の華麗なモテ遍歴

  4. 4

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  5. 5

    コロナ利用の自分ファースト “女帝”圧勝の内幕と今後<前>

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    緊急寄稿・石井妙子 小池再選を生んだメディアの忖度気質

  8. 7

    木下優樹菜が活動再開から1週間足らず…芸能界引退の真相

  9. 8

    年金8兆円消えた…姑息GPIFが発表「今後失う」衝撃の数字

  10. 9

    12時間以上粘り一八の話を聞き出すも…やっさんが顔に水を

  11. 10

    巨人サンチェス3回降板にブ然 原監督“怒り投手交代”の波紋

もっと見る