• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
田丸昇
著者のコラム一覧
田丸昇

1950年5月5日、長野県東御市生まれ。元日本将棋連盟理事。中学生で奨励会入りし、佐瀬勇次名誉九段の門下生となる。長髪から「ライオン丸」というニックネームで知られた。16年10月に現役引退。近著に「名棋士の対局に学ぶ 詰め&必死」(創元社)がある。

映画「王将」のモデルにも 伝説の棋士・阪田三吉の生涯

 写真は、伝説の棋士として知られる阪田三吉(贈名人・王将)。

 映画や芝居で表題となった「王将」の主人公だ。阪東妻三郎、森繁久弥、三国連太郎、勝新太郎らの名優が演じた。

 阪田は1870(明治3)年に大阪府泉北郡舳松村(現・堺市)で生まれた。将棋は10歳の頃に覚え、やがて近隣では相手がいないほど強くなった。

 阪田は草履職人だった父親の家業を継いだ。しかし、仕事に身が入らず、大阪市内に出かけて「賭け将棋」を指しては金を稼いだ。「堺の三吉」と呼ばれて関西で恐れられた。

 阪田が24歳の頃、将棋の武者修行に東京から西国へ遊歴している青年と対局する機会があった。2歳年長の新進棋士の関根金次郎四段だった。

 阪田がいくら強くてもしょせんアマである。勝負は関根の完勝に終わった。ただ関根は「風変わりな将棋を指すが、腕力がかなり強い将棋」と、阪田の実力を当初から評価していた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  2. 2

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  3. 3

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  4. 4

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  5. 5

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  6. 6

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  7. 7

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  8. 8

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  9. 9

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  10. 10

    ベトナムに完封負けも…森保U-21代表は優勝候補の韓国回避

もっと見る