田丸昇
著者のコラム一覧
田丸昇

1950年5月5日、長野県東御市生まれ。元日本将棋連盟理事。中学生で奨励会入りし、佐瀬勇次名誉九段の門下生となる。長髪から「ライオン丸」というニックネームで知られた。16年10月に現役引退。近著に「名棋士の対局に学ぶ 詰め&必死」(創元社)がある。

映画「王将」のモデルにも 伝説の棋士・阪田三吉の生涯

公開日:  更新日:

 写真は、伝説の棋士として知られる阪田三吉(贈名人・王将)。

 映画や芝居で表題となった「王将」の主人公だ。阪東妻三郎、森繁久弥、三国連太郎、勝新太郎らの名優が演じた。

 阪田は1870(明治3)年に大阪府泉北郡舳松村(現・堺市)で生まれた。将棋は10歳の頃に覚え、やがて近隣では相手がいないほど強くなった。

 阪田は草履職人だった父親の家業を継いだ。しかし、仕事に身が入らず、大阪市内に出かけて「賭け将棋」を指しては金を稼いだ。「堺の三吉」と呼ばれて関西で恐れられた。

 阪田が24歳の頃、将棋の武者修行に東京から西国へ遊歴している青年と対局する機会があった。2歳年長の新進棋士の関根金次郎四段だった。

 阪田がいくら強くてもしょせんアマである。勝負は関根の完勝に終わった。ただ関根は「風変わりな将棋を指すが、腕力がかなり強い将棋」と、阪田の実力を当初から評価していた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

  10. 10

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

もっと見る