田丸昇
著者のコラム一覧
田丸昇

1950年5月5日、長野県東御市生まれ。元日本将棋連盟理事。中学生で奨励会入りし、佐瀬勇次名誉九段の門下生となる。長髪から「ライオン丸」というニックネームで知られた。16年10月に現役引退。近著に「名棋士の対局に学ぶ 詰め&必死」(創元社)がある。

元草履職人の棋士・阪田三吉八段「南禅寺決戦」の経緯

公開日:

 1921(大正10)年1月、小野五平・十二世名人が89歳で亡くなった。

 昔は「終身名人」の制度だった。次の名人と目されていた関根金次郎八段(当時52)は、小野が長命だったので最盛期をすでに過ぎていた。

 大阪の草履職人の身から独力で棋士になった阪田三吉八段(同50)は、好敵手の関根との直近の対局に勝って実力は当代一といわれた。しかし、関根の弟子の土居市太郎八段(同32)にかつて不覚を取っていた。

 そんな状況において、関根の人格や識見、棋界への貢献度などから、関根を名人に推す声が高まっていた。一方の阪田は小学校へもろくに行かなかったので読み書きができず、棋界での影響力もあまりなかった。

 同年5月、関根の十三世名人を襲名する披露会が東京で開かれた。阪田はそれについて異を唱えず、「棋歴、名声ともに順当」と語って賛意を表明した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

もっと見る