店舗数日本一 1900円の宅配とんかつ弁当がバカ売れのワケ

公開日:

 相変わらず消費は伸び悩んでいるが、共働き家庭が増えていることもあり、「中食市場」が成長している。そんななか、躍進しているのがフードデリバリー(宅配)。宅配とんかつの「かさねや」は、東京、大阪、名古屋を中心に全国で100店ほどを展開し、宅配とんかつで日本一の店舗数を誇るようになった。

 こだわりの熟成三元豚を薄切りにし重ねて揚げたとんかつや、厚切りでジューシーなとんかつをメインに提供している。客単価1200~1900円と弁当にしては高めだが、売り上げは毎年右肩上がりだという。運営元の株式会社SBICの鬼頭宏昌社長(44)にデリバリービジネスを始めたきっかけを聞いた。

「経営していた居酒屋チェーンを売却し、次に何をやろうか考えていたときにリーマン・ショックが起こりました。そんな状況でリスクを抑えつつやれることはないかと行き着いたのが、デリバリービジネスです。料理を作って宅配するだけなので、少額投資で済みます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  3. 3

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  4. 4

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  5. 5

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  8. 8

    経団連会長が転換 「原発どんどん再稼働」に飛び交う憶測

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

もっと見る