• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

店舗数日本一 1900円の宅配とんかつ弁当がバカ売れのワケ

 相変わらず消費は伸び悩んでいるが、共働き家庭が増えていることもあり、「中食市場」が成長している。そんななか、躍進しているのがフードデリバリー(宅配)。宅配とんかつの「かさねや」は、東京、大阪、名古屋を中心に全国で100店ほどを展開し、宅配とんかつで日本一の店舗数を誇るようになった。

 こだわりの熟成三元豚を薄切りにし重ねて揚げたとんかつや、厚切りでジューシーなとんかつをメインに提供している。客単価1200~1900円と弁当にしては高めだが、売り上げは毎年右肩上がりだという。運営元の株式会社SBICの鬼頭宏昌社長(44)にデリバリービジネスを始めたきっかけを聞いた。

「経営していた居酒屋チェーンを売却し、次に何をやろうか考えていたときにリーマン・ショックが起こりました。そんな状況でリスクを抑えつつやれることはないかと行き着いたのが、デリバリービジネスです。料理を作って宅配するだけなので、少額投資で済みます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  3. 3

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  4. 4

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  5. 5

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  6. 6

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  7. 7

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  8. 8

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

  9. 9

    ロング丈ワンピ姿に注目 前田敦子はやっぱり“おめでた”か

  10. 10

    進次郎氏当日まで完黙…裏に父・小泉元首相“ゴルフ密約説”

もっと見る