店舗数日本一 1900円の宅配とんかつ弁当がバカ売れのワケ

公開日:

 相変わらず消費は伸び悩んでいるが、共働き家庭が増えていることもあり、「中食市場」が成長している。そんななか、躍進しているのがフードデリバリー(宅配)。宅配とんかつの「かさねや」は、東京、大阪、名古屋を中心に全国で100店ほどを展開し、宅配とんかつで日本一の店舗数を誇るようになった。

 こだわりの熟成三元豚を薄切りにし重ねて揚げたとんかつや、厚切りでジューシーなとんかつをメインに提供している。客単価1200~1900円と弁当にしては高めだが、売り上げは毎年右肩上がりだという。運営元の株式会社SBICの鬼頭宏昌社長(44)にデリバリービジネスを始めたきっかけを聞いた。

「経営していた居酒屋チェーンを売却し、次に何をやろうか考えていたときにリーマン・ショックが起こりました。そんな状況でリスクを抑えつつやれることはないかと行き着いたのが、デリバリービジネスです。料理を作って宅配するだけなので、少額投資で済みます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  3. 3

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  4. 4

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  5. 5

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  6. 6

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  7. 7

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  8. 8

    巨人“台湾の大王”王柏融スルーは広島FA丸取り自信の表れ

  9. 9

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  10. 10

    野党共闘に消極的…立憲民主党の枝野戦略は奏功するのか

もっと見る