NY大和銀事件<1>いつの間にか米国で金融の仕事をスタート

公開日: 更新日:

 1995年、阪神・淡路大震災の年。米・ニューヨークで日本人銀行員が簿外取引により約11億ドル(当時の為替レートで約1100億円)の損失を出した「NY大和銀事件」を覚えているだろうか。その主役・井口俊英さんのその後を追った――。

 人はみずからを育んだ職業からの呪縛から、やはり逃れられないのかもしれない――。

 事件後、禁錮4年の判決を受けた井口さんは、いくつかの著作を世に出している。ベストセラーとなった「告白」、アメリカでの勾留時、偶然知り合った“刑務所ギャング”の実情を描いた「刑務所の王」、小説「陰謀のドル―FRB議長暗殺」(いずれも文芸春秋)だ。

 これに後に妻となるガールフレンドが書いた「マーメイド」(日経BP社)を含めると、事件と井口氏の人となりが文字を通して見えてくる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  2. 2

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  3. 3

    Cocomiデビューも炎上 キムタク参画ではじく静香の皮算用

  4. 4

    昭恵夫人が“桜を見る会” 花見自粛要請中に私的開催の仰天

  5. 5

    中小企業を襲う“コロナ倒産ドミノ” 5月GWがタイムリミット

  6. 6

    コロナ禍でもビーチで遊んでいた若者が…過ちに気づき懺悔

  7. 7

    コロナ対策批判され「辞めたるわ」大阪・守口市長が暴言

  8. 8

    「官邸官僚」の嘘と罪 ゲーム感覚で権力振るうモンスター

  9. 9

    阪神藤浪コロナ感染で球界激震…4.24開幕ありきの自業自得

  10. 10

    男子ゴルフツアーでクーデター 大量41人が青木体制に“NO”

もっと見る