NY大和銀事件<1>いつの間にか米国で金融の仕事をスタート

公開日: 更新日:

 1995年、阪神・淡路大震災の年。米・ニューヨークで日本人銀行員が簿外取引により約11億ドル(当時の為替レートで約1100億円)の損失を出した「NY大和銀事件」を覚えているだろうか。その主役・井口俊英さんのその後を追った――。

 人はみずからを育んだ職業からの呪縛から、やはり逃れられないのかもしれない――。

 事件後、禁錮4年の判決を受けた井口さんは、いくつかの著作を世に出している。ベストセラーとなった「告白」、アメリカでの勾留時、偶然知り合った“刑務所ギャング”の実情を描いた「刑務所の王」、小説「陰謀のドル―FRB議長暗殺」(いずれも文芸春秋)だ。

 これに後に妻となるガールフレンドが書いた「マーメイド」(日経BP社)を含めると、事件と井口氏の人となりが文字を通して見えてくる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  2. 2

    菅田将暉がミスキャスト?「コントが始まる」低迷の元凶

  3. 3

    眞子さま最終手段「一時金」辞退…それでも小室さんは愛を貫ける

  4. 4

    紗栄子は魔性の女…17歳アーティストYOSHIを骨抜きにした

  5. 5

    石橋貴明“オワコン老害”が一転 YouTube勝ち組に豹変の戦略

  6. 6

    小室ママ雲隠れ…眞子さま"代理解決"を急ぐ秋篠宮家の事情

  7. 7

    スギ薬局会長にワクチン優先予約 市が“特別扱い”した理由

  8. 8

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  9. 9

    ワクチン大規模接種センター 旅行代理店に業務委託のナゼ

  10. 10

    高橋洋一氏“さざ波”で炎上 エリートほど不用意発言のワケ

もっと見る