NY大和銀事件<1>いつの間にか米国で金融の仕事をスタート

公開日:  更新日:

 1995年、阪神・淡路大震災の年。米・ニューヨークで日本人銀行員が簿外取引により約11億ドル(当時の為替レートで約1100億円)の損失を出した「NY大和銀事件」を覚えているだろうか。その主役・井口俊英さんのその後を追った――。

 人はみずからを育んだ職業からの呪縛から、やはり逃れられないのかもしれない――。

 事件後、禁錮4年の判決を受けた井口さんは、いくつかの著作を世に出している。ベストセラーとなった「告白」、アメリカでの勾留時、偶然知り合った“刑務所ギャング”の実情を描いた「刑務所の王」、小説「陰謀のドル―FRB議長暗殺」(いずれも文芸春秋)だ。

 これに後に妻となるガールフレンドが書いた「マーメイド」(日経BP社)を含めると、事件と井口氏の人となりが文字を通して見えてくる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

  9. 9

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  10. 10

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

もっと見る