2028年に労働力人口500万人減…ヒット商品が出ない社会に

公開日:

 出版社勤務のスズキさんは60歳になった。昔だったら定年を迎える年で、あとは年金を受け取りながら悠々自適……となったのだろうが、そんなことが可能だったのは自分たちの親の世代ぐらいまで。政府は2021年度から、国家公務員と地方公務員の定年を段階的に65歳まで引き上げていった。民間企業も右へならえで、65歳定年は当たり前。人材不足の中小企業では、65歳以上の社員も嘱託などの形で雇っている――。

10年後…2028年 文科省の「高等教育の将来構想に関する基礎データ」の「18歳人口の将来推計」を基に予測すると、2028年に22歳になるのは106万人。1968(昭和43)年生まれのスズキさんの世代に比べると、80万人以上少なくなる。仮に全員が働いたとしても、辞める人数には追いつかない。会社の人手不足は急激に進行することになる。

「未来の年表」の著者で高知大学客員教授の河合雅司氏は、「10年後の日本は、労働力人口が今よりも500万人減るでしょう。若者の減少で就業率は上がらず、人手不足時代は続いているはず。企業はどうやって労働力を確保するかが大きな問題になります」と指摘する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  3. 3

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  4. 4

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  5. 5

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  6. 6

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  7. 7

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  8. 8

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  9. 9

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  10. 10

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

もっと見る