2028年に労働力人口500万人減…ヒット商品が出ない社会に

公開日:

 出版社勤務のスズキさんは60歳になった。昔だったら定年を迎える年で、あとは年金を受け取りながら悠々自適……となったのだろうが、そんなことが可能だったのは自分たちの親の世代ぐらいまで。政府は2021年度から、国家公務員と地方公務員の定年を段階的に65歳まで引き上げていった。民間企業も右へならえで、65歳定年は当たり前。人材不足の中小企業では、65歳以上の社員も嘱託などの形で雇っている――。

10年後…2028年 文科省の「高等教育の将来構想に関する基礎データ」の「18歳人口の将来推計」を基に予測すると、2028年に22歳になるのは106万人。1968(昭和43)年生まれのスズキさんの世代に比べると、80万人以上少なくなる。仮に全員が働いたとしても、辞める人数には追いつかない。会社の人手不足は急激に進行することになる。

「未来の年表」の著者で高知大学客員教授の河合雅司氏は、「10年後の日本は、労働力人口が今よりも500万人減るでしょう。若者の減少で就業率は上がらず、人手不足時代は続いているはず。企業はどうやって労働力を確保するかが大きな問題になります」と指摘する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

  10. 10

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

もっと見る