2028年に労働力人口500万人減…ヒット商品が出ない社会に

公開日: 更新日:

 出版社勤務のスズキさんは60歳になった。昔だったら定年を迎える年で、あとは年金を受け取りながら悠々自適……となったのだろうが、そんなことが可能だったのは自分たちの親の世代ぐらいまで。政府は2021年度から、国家公務員と地方公務員の定年を段階的に65歳まで引き上げていった。民間企業も右へならえで、65歳定年は当たり前。人材不足の中小企業では、65歳以上の社員も嘱託などの形で雇っている――。

10年後…2028年 文科省の「高等教育の将来構想に関する基礎データ」の「18歳人口の将来推計」を基に予測すると、2028年に22歳になるのは106万人。1968(昭和43)年生まれのスズキさんの世代に比べると、80万人以上少なくなる。仮に全員が働いたとしても、辞める人数には追いつかない。会社の人手不足は急激に進行することになる。

「未来の年表」の著者で高知大学客員教授の河合雅司氏は、「10年後の日本は、労働力人口が今よりも500万人減るでしょう。若者の減少で就業率は上がらず、人手不足時代は続いているはず。企業はどうやって労働力を確保するかが大きな問題になります」と指摘する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    広末涼子が41歳でセクシー路線に! ファッション誌動画での大胆な脱ぎっぷりとCMで魅せた圧倒美肌

  2. 2

    「やっぱり離婚」で気になる市村正親の体力と篠原涼子の女優の価値

  3. 3

    連日酷暑の東京五輪に世界が大ブーイング!“理想的な気候”の偽り招致に「ウソつき」「謝罪せよ」

  4. 4

    「五輪選手がジャンプしても大丈夫」段ボールベッド動画の波紋…エアウィーブ社はどう見た?

  5. 5

    アストラゼネカ製解禁でワクチン接種会場が混乱する日…厚労省は40~50代を“狙い撃ち”

  6. 6

    菅首相を“イジる”映画「パンケーキを毒味する」内山雄人監督 「政治バラエティーだと思って見てほしい」

  7. 7

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  8. 8

    小金沢昇司の芸能プロが倒産!負債額6200万円、御大・北島三郎の苦言を聞いておけばよかった

  9. 9

    【侍ジャパン】稲葉監督にズバリ不安あり!サヨナラ逆転勝利で霞んだ“迷采配”ぶりを検証

  10. 10

    丸岡いずみ離婚の決定打は有村昆の浮気以外に原因? 家族問題評論家・池内ひろ美氏が推測

もっと見る