• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

カレー研究科・一条もんこの「毎日食べたいカレー」BEST5

 1年365日、毎朝カレーを食べる女、カレー研究科の一条もんこさん(40)。年間トータルでは800食以上になる。「カレーなら1日4軒まで行ける」と豪語。「バレンタインデーにレトルトカレーを渡す日がそろそろ来てもいい」と、カレー愛に満ちあふれている。今回は、そんな一条さんにこだわりの「レトルトカレー」を選んでもらった。この週末にスーパーで探してみては?

  ◇  ◇  ◇

 カレー愛が強すぎて「婚期を逃した」とまで言い切る一条さん。道行く人が振り返るほどの美人だが、「毎日、カレーを食べる女がモテるわけがない」と話す。実際、彼氏いない歴は10年となる。無論、結婚を諦めたわけではない。好みの男性を聞くと、「カレー好きじゃなくてもいいです」。カレー好きでもそうでなくても、うまく付き合える。

「両親が共働きの家庭で育った私は、中学生ぐらいの頃から自分なりのレシピでカレーを作っていました。スパイスひとつ、トマトやホウレンソウを加えるだけで、味が毎回変わるのが楽しみでした。育ったのは新潟県中央部の見附市という自然豊かな町で、少し行くと山菜が採れた。もっとも、ホウレンソウ感覚で加えてみた『アケビ』と『ヨモギ』はやめた方がいいでしょう。全然おいしくありませんでした」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森達也氏が危惧 オウム以降の日本社会は「集団化」が加速

  2. 2

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  3. 3

    元大リーガー・マック鈴木さん 酒豪ゆえに付いたアダ名は

  4. 4

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  5. 5

    黄金世代が上位独占も…評論家が女子ツアーの現状憂うワケ

  6. 6

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  7. 7

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  8. 8

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  9. 9

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  10. 10

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

もっと見る