• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

カレー研究科・一条もんこの「毎日食べたいカレー」BEST5

 1年365日、毎朝カレーを食べる女、カレー研究科の一条もんこさん(40)。年間トータルでは800食以上になる。「カレーなら1日4軒まで行ける」と豪語。「バレンタインデーにレトルトカレーを渡す日がそろそろ来てもいい」と、カレー愛に満ちあふれている。今回は、そんな一条さんにこだわりの「レトルトカレー」を選んでもらった。この週末にスーパーで探してみては?

  ◇  ◇  ◇

 カレー愛が強すぎて「婚期を逃した」とまで言い切る一条さん。道行く人が振り返るほどの美人だが、「毎日、カレーを食べる女がモテるわけがない」と話す。実際、彼氏いない歴は10年となる。無論、結婚を諦めたわけではない。好みの男性を聞くと、「カレー好きじゃなくてもいいです」。カレー好きでもそうでなくても、うまく付き合える。

「両親が共働きの家庭で育った私は、中学生ぐらいの頃から自分なりのレシピでカレーを作っていました。スパイスひとつ、トマトやホウレンソウを加えるだけで、味が毎回変わるのが楽しみでした。育ったのは新潟県中央部の見附市という自然豊かな町で、少し行くと山菜が採れた。もっとも、ホウレンソウ感覚で加えてみた『アケビ』と『ヨモギ』はやめた方がいいでしょう。全然おいしくありませんでした」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    内部留保が過去最高446兆円 貯め込んでいる大企業はココだ

  2. 2

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  3. 3

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  4. 4

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  5. 5

    日本が「国後・択捉」領有権を主張できる根拠は存在しない

  6. 6

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  7. 7

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    「安倍3選」という「終わりの始まり」<中>

  10. 10

    「安倍3選」を市場は無視…日経平均5日続伸でも“カヤの外”

もっと見る