カレー研究科・一条もんこの「毎日食べたいカレー」BEST5

公開日: 更新日:

 1年365日、毎朝カレーを食べる女、カレー研究科の一条もんこさん(40)。年間トータルでは800食以上になる。「カレーなら1日4軒まで行ける」と豪語。「バレンタインデーにレトルトカレーを渡す日がそろそろ来てもいい」と、カレー愛に満ちあふれている。今回は、そんな一条さんにこだわりの「レトルトカレー」を選んでもらった。この週末にスーパーで探してみては?

  ◇  ◇  ◇

 カレー愛が強すぎて「婚期を逃した」とまで言い切る一条さん。道行く人が振り返るほどの美人だが、「毎日、カレーを食べる女がモテるわけがない」と話す。実際、彼氏いない歴は10年となる。無論、結婚を諦めたわけではない。好みの男性を聞くと、「カレー好きじゃなくてもいいです」。カレー好きでもそうでなくても、うまく付き合える。

「両親が共働きの家庭で育った私は、中学生ぐらいの頃から自分なりのレシピでカレーを作っていました。スパイスひとつ、トマトやホウレンソウを加えるだけで、味が毎回変わるのが楽しみでした。育ったのは新潟県中央部の見附市という自然豊かな町で、少し行くと山菜が採れた。もっとも、ホウレンソウ感覚で加えてみた『アケビ』と『ヨモギ』はやめた方がいいでしょう。全然おいしくありませんでした」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  2. 2

    3.30「緊急事態宣言」発令で描く 国会休会の仰天シナリオ

  3. 3

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  4. 4

    シューズの神様・三村仁司氏「必要なのは“厚底”ではない」

  5. 5

    “キュン”の達人 星野源×綾野剛ドラマは「恋つづ」超えるか

  6. 6

    歌舞伎町ラブホテル街で賃貸経営が成功したもっともな理由

  7. 7

    昭恵夫人が“桜を見る会” 花見自粛要請中に私的開催の仰天

  8. 8

    綾野剛“激似”の清原翔は恋愛ドラマもイケる爽やか理系男子

  9. 9

    佐藤健「恋つづ」“キュン攻め”LINE人気に見えた新たな鉱脈

  10. 10

    美女ファイターだった好川菜々さんは元王者の夫とジム運営

もっと見る