魅力度ランキング最下位 茨城県のものすごくイイところ

公開日: 更新日:

「ネモフィラ、アヤメ、ツツジ、ヤマブキなど、年間を通してさまざまな花が咲いているのが茨城県です。『国営ひたち海浜公園』もいいですし、弘道館と偕楽園を見学すると、その周辺の花も楽しめます。江戸時代、幕末に『紀州の着倒れ、尾張の食い倒れ、水戸の飲み倒れ』という言葉がありました。水戸徳川家は酒好きで知られ、吉田松陰もめちゃくちゃ飲まされたと言っているほど。酒蔵巡りなどどうでしょう?」

 インスタグラム映えを狙うなら、「死ぬまでに行きたい!世界の絶景」プロデュースで知られる詩歩さん推しの光景を回るのもいい。温泉も各地にあるので、ゆったり旅にもうってつけ。

 茨城は、サイクリングにも向いている。霞ケ浦は全国第2位の湖面積を誇るが、その周辺はサイクリングコースが完備されている。広域レンタサイクルの貸し出しもある。

「茨城は平地が多く、サイクリング初心者でもつらくありません」(稲葉さん)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    芸能界で話題もちきり“五輪中止論” たけしがスルーの背景

  2. 2

    小室ママ雲隠れ…眞子さま"代理解決"を急ぐ秋篠宮家の事情

  3. 3

    さざ波以上に「笑笑」が問題 高橋洋一氏は人としてダメだ

  4. 4

    蜜月関係から一転…西尾市長「スギ薬局」猛批判の裏事情

  5. 5

    前統幕長“ワクチン独断専行”に激怒!ポンコツ首相は猛省を

  6. 6

    石橋貴明“オワコン老害”が一転 YouTube勝ち組に豹変の戦略

  7. 7

    阪神エース西は体たらくいつまで?先発陣ボロボロ投壊寸前

  8. 8

    ぼったくり男爵が来日固執 小池女帝の五輪返上阻止を画策

  9. 9

    松坂桃李ピカ一のポンコツ男 地で行くダサさに∞の可能性

  10. 10

    大谷翔平に追われたプホルスにレイズ筒香が追い出される日

もっと見る