• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

トリバコーヒー<上>銀座で100円コーヒーを提供できる秘密

 高級ブランドの旗艦店が立ち並ぶ銀座が、超一等地であることを疑う人はいないだろう。「銀座」という名前が付く土地の平均地価は坪7000万円を超える。その一角で、1杯わずか100円でコーヒーが楽しめるのが「トリバコーヒー」だ。

「缶コーヒーよりも安いなんてまがいものだろう」などと思うなかれ。売られているのは、ビル2階にある1台数千万円の焙煎機3台を使って、その日の天候などに合わせて煎り方を変えたコーヒーだ。本格的なコーヒーを求めて来店する客は1日400人を超える日もある。昼時ともなれば店先に長い行列ができる。

 運営するバードフェザー・ノブ代表の鳥羽伸博氏は、全国で1000店舗を超えるコーヒーチェーン「ドトールコーヒー」を創業した鳥羽博道氏の次男。「コーヒーは家業ですから」と語る41歳が営むのは父親と同じ仕事だが、経営に対する考え方はかなり違う。

「父はうまいコーヒーのレシピを作り、そのレシピに従ったコーヒー店をどんどん増やしました。否定はしませんが、あれは成長を店舗数で考えるモデル。僕は『トリバコーヒー』を、まずは100年続く会社にするのが最優先課題なのです」(鳥羽氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  4. 4

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    剛力彩芽へ助言…私生活をSNSにアップする女優は伸びない

  7. 7

    剛力は助言無視で再炎上…救えるのはバナナマン日村だけか

  8. 8

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  9. 9

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  10. 10

    恋愛に厳しいはずが…剛力彩芽を“黙認”するオスカーの打算

もっと見る