トリバコーヒー<上>銀座で100円コーヒーを提供できる秘密

公開日:  更新日:

 高級ブランドの旗艦店が立ち並ぶ銀座が、超一等地であることを疑う人はいないだろう。「銀座」という名前が付く土地の平均地価は坪7000万円を超える。その一角で、1杯わずか100円でコーヒーが楽しめるのが「トリバコーヒー」だ。

「缶コーヒーよりも安いなんてまがいものだろう」などと思うなかれ。売られているのは、ビル2階にある1台数千万円の焙煎機3台を使って、その日の天候などに合わせて煎り方を変えたコーヒーだ。本格的なコーヒーを求めて来店する客は1日400人を超える日もある。昼時ともなれば店先に長い行列ができる。

 運営するバードフェザー・ノブ代表の鳥羽伸博氏は、全国で1000店舗を超えるコーヒーチェーン「ドトールコーヒー」を創業した鳥羽博道氏の次男。「コーヒーは家業ですから」と語る41歳が営むのは父親と同じ仕事だが、経営に対する考え方はかなり違う。

「父はうまいコーヒーのレシピを作り、そのレシピに従ったコーヒー店をどんどん増やしました。否定はしませんが、あれは成長を店舗数で考えるモデル。僕は『トリバコーヒー』を、まずは100年続く会社にするのが最優先課題なのです」(鳥羽氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  5. 5

    ゴーン後継トヨタ副社長も ルノーが西川社長を追放する日

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  8. 8

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    5分の1まで暴落のビットコイン 今こそ買い時か完全崩壊か

もっと見る