• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

トリバコーヒー<上>銀座で100円コーヒーを提供できる秘密

 高級ブランドの旗艦店が立ち並ぶ銀座が、超一等地であることを疑う人はいないだろう。「銀座」という名前が付く土地の平均地価は坪7000万円を超える。その一角で、1杯わずか100円でコーヒーが楽しめるのが「トリバコーヒー」だ。

「缶コーヒーよりも安いなんてまがいものだろう」などと思うなかれ。売られているのは、ビル2階にある1台数千万円の焙煎機3台を使って、その日の天候などに合わせて煎り方を変えたコーヒーだ。本格的なコーヒーを求めて来店する客は1日400人を超える日もある。昼時ともなれば店先に長い行列ができる。

 運営するバードフェザー・ノブ代表の鳥羽伸博氏は、全国で1000店舗を超えるコーヒーチェーン「ドトールコーヒー」を創業した鳥羽博道氏の次男。「コーヒーは家業ですから」と語る41歳が営むのは父親と同じ仕事だが、経営に対する考え方はかなり違う。

「父はうまいコーヒーのレシピを作り、そのレシピに従ったコーヒー店をどんどん増やしました。否定はしませんが、あれは成長を店舗数で考えるモデル。僕は『トリバコーヒー』を、まずは100年続く会社にするのが最優先課題なのです」(鳥羽氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    有働アナ取られ…大手がマツコに意趣返し“共演NG包囲網”も

  2. 2

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  3. 3

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  4. 4

    原発再稼働で二枚舌 新潟県知事にくすぶる“選挙違反”疑惑

  5. 5

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  6. 6

    梨田監督ついに決断…楽天・松井は二軍落ちが大正解の理由

  7. 7

    支持率下落が続く安倍政権 今度は対北外交でも国民にウソ

  8. 8

    最大の後ろ盾も失い…楽天・梨田監督“電撃辞任”の全内幕

  9. 9

    前川清さん語る運の尽き 演歌界の“酒豪四天王”に誘われて

  10. 10

    “大口”止まらず…本田圭佑が「結果にコミット」と独演会

もっと見る