三枝成彰
著者のコラム一覧
三枝成彰作曲家

1942年、兵庫県生まれ。東京芸大大学院修了。代表作にオペラ「忠臣蔵」「狂おしき真夏の一日」、NHK大河ドラマ「太平記」「花の乱」、映画「機動戦士ガンダム逆襲のシャア」「優駿ORACIÓN」など。2017年、旭日小綬章受章。

禁欲的で官能を否定する文化を変えたベートーベンの功績

公開日:

 財務次官がセクハラで辞任した一件で、官僚や政治家の感度の鈍さが浮き彫りになった。被害女性を「ある意味で犯罪」と批判した下村博文元文科相をはじめ、自民党の議員からは耳を疑う発言が出ている。古い感覚を引きずったままでいるから、周囲とズレてしまっているんだろう。新しいものに対する理解が乏しいんだ。ある意味、保守的なんだよ。

 欧米は違う。だれもが新しいものを好み、求めている。これは音楽の歴史を振り返っても明らかだ。

 もともと音楽ってすごく科学的で、「ド」の音が鳴る1本の弦を半分にすると1オクターブ上の「ド」になり、3分の1にすると「ソ」になる。これに気づいたのが数学者のピタゴラスで、音階は彼が見つけたんだ。

 ただし、神学者で哲学者のアウグスティヌスは、「音楽の官能性は謎であり病であり罪である」とした。「歌われている内容よりは、歌声によって心が洗われてしまうときは、私は罪人として罰を受けなければならない」とも言っている。キリスト教は禁欲的で官能を否定する文化だから、音楽でも感動しちゃいけなかったんだよ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  7. 7

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る