麻生大臣は「罪はない」 セクハラ男の思考回路と家庭環境

公開日: 更新日:

「セクハラ罪という罪はない」

 麻生太郎財務相はそう言ってのけたが、だからといって辞任に追い込まれた福田淳一事務次官のセクハラ疑惑が消えるわけではない。世間の意識とはズレまくった財務省の感覚に、国民は呆れている。なぜこんなにもセクハラへの認識が甘いのか。官能作家・エッセイストの大泉りか氏はこう話す。

「セクハラをする人は、若いころからどちらかといえばイケていて、モテていた人に多い傾向があります。軽い気持ちでやったボディータッチや強引な口説き方が、年をとっても『通用する』と思い込んでいるフシがある。そういう口説き方が、時代に合わないことに気づいていない人が、セクハラに陥るのです」

 特に高学歴で高収入、官公庁や大企業などで権力のあるポジションにいる中年は要注意だ。

「セクハラに甘い時代に生きてきた上、それなりの立場だと、女性から拒否された経験がほとんどないでしょう。それで、『自分は許される』と勘違いして、軽い気持ちでセクハラをする。幼少期から英才教育を受けて勉強漬けだった人も同じです。女性に対して許された経験も、拒否された経験もなく、女性にやっていいことと悪いことの区別がつかなくなっているのだと思います」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山下智久が来月にも活動再開…怪しくなってきた海外の仕事

  2. 2

    松岡茉優 初主演「カネ恋」好発進も気の毒な“3つのハンデ”

  3. 3

    静かに確実に忍び寄る…「1999年 ITバブル崩壊」の再来

  4. 4

    宮内義彦のオリックスは「実は何か」が問われている

  5. 5

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  6. 6

    藤原紀香の評価に変化…夫・片岡愛之助の躍進が追い風に

  7. 7

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  8. 8

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  9. 9

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  10. 10

    ドラ1候補・明石商中森の母が明かす プロ志望表明の舞台裏

もっと見る