麻生大臣は「罪はない」 セクハラ男の思考回路と家庭環境

公開日:

「セクハラ罪という罪はない」

 麻生太郎財務相はそう言ってのけたが、だからといって辞任に追い込まれた福田淳一事務次官のセクハラ疑惑が消えるわけではない。世間の意識とはズレまくった財務省の感覚に、国民は呆れている。なぜこんなにもセクハラへの認識が甘いのか。官能作家・エッセイストの大泉りか氏はこう話す。

「セクハラをする人は、若いころからどちらかといえばイケていて、モテていた人に多い傾向があります。軽い気持ちでやったボディータッチや強引な口説き方が、年をとっても『通用する』と思い込んでいるフシがある。そういう口説き方が、時代に合わないことに気づいていない人が、セクハラに陥るのです」

 特に高学歴で高収入、官公庁や大企業などで権力のあるポジションにいる中年は要注意だ。

「セクハラに甘い時代に生きてきた上、それなりの立場だと、女性から拒否された経験がほとんどないでしょう。それで、『自分は許される』と勘違いして、軽い気持ちでセクハラをする。幼少期から英才教育を受けて勉強漬けだった人も同じです。女性に対して許された経験も、拒否された経験もなく、女性にやっていいことと悪いことの区別がつかなくなっているのだと思います」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

  10. 10

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

もっと見る