新潟女児殺害事件でも注目 “変質者”の出没は9月が最多

公開日:

 新潟女児殺害事件で逮捕された小林遼容疑者(23)は、殺害された大桃珠生ちゃん(7)の自宅から直線距離で100メートルしか離れていないところに住んでいた。容疑者が同じ生活圏に暮らしていたとなると、子供を持つ親の不安は募る。登下校の安全は、どうやって守ればいいのか。

 大阪産業大元客員教授の八幡義雄氏(初等教育)が言う。

「各自治体では、不審者情報が寄せられると、注意を促すメールが送られます。それで、一時的に登下校ルートに有志の保護者が立って見守りしたりしますが、やっても一時的。その間、不審者は隠れ、学校や保護者の警戒心が薄れたときに、再び出没し、よからぬことをする。やるなら徹底してやり続けることです。しかし、既婚者のうち3世帯に2世帯が共働きですから、見守り担当をやりくりするのが難しい」

 実は、見守りする上で重要なのは、下校より登校だという。新潟の事件が起きた当日の朝、大桃さんを追いかけた男の不審者情報が寄せられている。昨年3月、千葉県松戸市でベトナム人のレェ・ティ・ニャット・リンちゃん(9)が連れ去られて殺されたのも登校中だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

もっと見る