• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

新潟女児殺害事件でも注目 “変質者”の出没は9月が最多

 新潟女児殺害事件で逮捕された小林遼容疑者(23)は、殺害された大桃珠生ちゃん(7)の自宅から直線距離で100メートルしか離れていないところに住んでいた。容疑者が同じ生活圏に暮らしていたとなると、子供を持つ親の不安は募る。登下校の安全は、どうやって守ればいいのか。

 大阪産業大元客員教授の八幡義雄氏(初等教育)が言う。

「各自治体では、不審者情報が寄せられると、注意を促すメールが送られます。それで、一時的に登下校ルートに有志の保護者が立って見守りしたりしますが、やっても一時的。その間、不審者は隠れ、学校や保護者の警戒心が薄れたときに、再び出没し、よからぬことをする。やるなら徹底してやり続けることです。しかし、既婚者のうち3世帯に2世帯が共働きですから、見守り担当をやりくりするのが難しい」

 実は、見守りする上で重要なのは、下校より登校だという。新潟の事件が起きた当日の朝、大桃さんを追いかけた男の不審者情報が寄せられている。昨年3月、千葉県松戸市でベトナム人のレェ・ティ・ニャット・リンちゃん(9)が連れ去られて殺されたのも登校中だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  4. 4

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<上>

  7. 7

    剛力彩芽へ助言…私生活をSNSにアップする女優は伸びない

  8. 8

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  9. 9

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  10. 10

    剛力は助言無視で再炎上…救えるのはバナナマン日村だけか

もっと見る