【長芋のチーズ焼き】ジャガイモにはないホクホクの食感がイイ

公開日: 更新日:

よしだ海岸(東京・新宿2丁目)

 ジャガイモを使った似たような料理はよく見かけるが、これは長芋を使っているのがポイント。ジャガイモよりも食感がホクホクしていて、おいしい。

「初めて食べたお客さんは『これ、何、芋?』と聞いてきますね。食感がジャガイモとは違いますからね。どの芋が合うのか、ヤマトイモなど、いくつか試したのですが、やっぱり長芋が一番おいしい。とくに女性のお客さんは喜びます」

 調理時間は、10分程度だ。

「まず、皮つきの長芋を10センチくらいにカットして素揚げにしてください。浮いてきたら取り出してアルミホイルに敷きます。塩、こしょう、醤油、マヨネーズをかけて、とろけるチーズをのせたらオーブントースターで4分間、焼くだけです。お好みでタバスコをかけてください」

 熱々を口に入れると、チーズのウマ味と長芋の塩気が相性抜群。やっぱり、とろけるチーズは万能である。同じ芋でも、ジャガイモほど重くないのもいい。

 冷えた白ワインにも、ビールにもよく合う。

 《材料》 
・長芋
・とろけるチーズ
・サラダ油
・塩
・こしょう
・醤油
・マヨネーズ

 《レシピ》 
(1)皮つきの長芋を70グラム程度にカット。
(2)長芋を素揚げする。
(3)素揚げした長芋をアルミホイルに並べ、塩、こしょう、醤油、マヨネーズをかける。
(4)とろけるチーズをのせて4分間、オーブンで焼く。

今日の達人 村瀬文吾さん

▼むらせ・ぶんご
 鮮魚店が経営する居酒屋「魚真」で10年間修業。魚を徹底的に勉強し、33歳の時、独立。

▼よしだかいがん
 営業時間は夕方6時から朝6時まで。魚がおいしいと評判の店。常連客は刺し身を目当てに通ってくる。早い時間は近所のサラリーマンが多いが、新宿2丁目のど真ん中という立地もあって、深夜から朝方は2丁目の住民が多い。
東京都新宿区新宿2―13―6
℡03・5379・5488
不定休

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  2. 2

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  3. 3

    安倍首相“吐血情報”で広がる健康不安説…国会拒否の理由か

  4. 4

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  5. 5

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  6. 6

    他国と何が違う? 政府の中途半端な方針が生んだ感染爆発

  7. 7

    カジサックの悪評止まず…ギャラ低すぎて宮迫陣営へ流出?

  8. 8

    たけしに欽ちゃんも…コロナが蝕む大御所芸人のメンタル

  9. 9

    史上最大の復活V 照ノ富士“地獄”を見て相撲も性格もガラリ

  10. 10

    劇的復活Vも問題はここから…照ノ富士「大関復帰」の条件

もっと見る