仏51歳スイマーが挑戦 千葉・銚子から太平洋横断8800km!

公開日: 更新日:

 1988年に大西洋を泳いで横断したフランス人スイマー、ベノワ・ルコントさん(51)。今度は8カ月かけて太平洋横断に挑戦するということで、話題になっている。

 英紙サン(26日付電子版)などによると、ルコントさんは29日に千葉・銚子をスタート、太平洋を横断し、約8800キロ離れた米サンフランシスコを目指す。1日約8時間泳いでは、同行する全長約20メートルのボートで食事や休息、睡眠を取る。

 ボートは8人乗りで、サメなど危険な海の生物を遠ざける装置を搭載している。ウエットスーツは、水温が10度近くまで低下する事態も想定した特別仕様だ。防水のモニターを装着してルコントさんの健康状態も常にチェックするという。

「The Swim」と名付けられた今回の挑戦の目的は、人類史上初の太平洋横断達成はもちろんだが、「海の汚染がもたらす危険性と海の保護の重要性」の認知度を広めること。「The Swim」の模様は毎日、科学出版社シーカーによって記録され、「ディスカバリーチャンネル」とSNSによってライブストリーミングで配信される。最終的にはドキュメンタリー映画としてまとめられる予定だ。

 ルコントさんは「歴史的な太平洋横断の使命は、海の現状に光を当てることです。究極的には、『The Swim』は海のより良い保護の役に立つでしょう。シーカー、それにディスカバリーと協力して、この冒険と発見を世界に届けることに興奮しています」と語った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    かつて石原プロ解散を踏み止まらせた舘ひろしの男気発言

  2. 2

    ショーケンに渡哲也が激怒した“東映京都撮影所騒動”の顛末

  3. 3

    広島V逸なら緒方政権今季限り 次期監督候補に金本氏急浮上

  4. 4

    自民・萩生田氏「消費増税延期」発言に隠された姑息な狙い

  5. 5

    満身創痍も…渡哲也が貫く“男が惚れる晩節”と裕次郎イズム

  6. 6

    開幕5カード全負け越し“投壊”広島が再建託す2人の秘密兵器

  7. 7

    改革バカにケンカを売る山本太郎「れいわ新撰組」の本気度

  8. 8

    巨人は垂涎…竜新助っ人ロメロで証明された森SDの“慧眼”

  9. 9

    「美味しんぼ」原作者が鼻血問題の騒動後をブログで告発

  10. 10

    女優と歌手で本格復帰も…柴咲コウを縛る“三足目のワラジ”

もっと見る