トランプ大統領手紙の添削が話題 気になる評価は…不可!

公開日: 更新日:

 トランプ米大統領が今月24日、北朝鮮の金正恩委員長に送った米朝首脳会談の中止を通告する手紙。かなり表現や文法がお粗末なものだったようで、手紙をプリントアウトし、赤ペンで修正して茶化した画像が複数、ネットで拡散している。

 特に辛辣なのが、ライアン・シェフィールドさんというツイッターユーザーが添削した画像。真っ赤に添削された、デキの悪い小学生の作文のようだ。

 シェフィールドさんは、不自然に形式的な前置詞を自然なものに変え、「Someday」は「Some day」とスペースを入れるよう修正。また3つの単語をすべて「and」でつないでいる個所では、「コンマを使いたまえ」とコメントするなど、基礎的な文法や語彙のミスを何カ所も指摘。

 そして「very much(非常に)」「opportunity(機会)」などの単語の繰り返しを指摘し、「類義語辞典を買いなさい」とアドバイスしている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    飯島直子は自分のアソコに水着の上からポラで割れ目を…

  2. 2

    応援演説にブーイング 杉田水脈議員が「自ら招いた危険」

  3. 3

    安倍政権GW外遊ラッシュ 13閣僚“海外旅行”に血税5億の衝撃

  4. 4

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

  5. 5

    池袋を暴走し母娘の命を奪った元通産官僚「記念館」の真偽

  6. 6

    吉高「定時で」も視聴率上昇 TBS火曜22時ドラマに“仕掛け”

  7. 7

    立憲民主“三重苦”で…野党結集へ態度一変した枝野氏の焦り

  8. 8

    理事長は怒り心頭 横綱白鵬「三本締め」けん責処分の意味

  9. 9

    写真誌に泥酔姿撮られた…米津玄師の「知られざる私生活」

  10. 10

    横綱白鵬に帰化を決意させた朝青龍とのギスギスした因縁

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る