トランプ大統領手紙の添削が話題 気になる評価は…不可!

公開日: 更新日:

 トランプ米大統領が今月24日、北朝鮮の金正恩委員長に送った米朝首脳会談の中止を通告する手紙。かなり表現や文法がお粗末なものだったようで、手紙をプリントアウトし、赤ペンで修正して茶化した画像が複数、ネットで拡散している。

 特に辛辣なのが、ライアン・シェフィールドさんというツイッターユーザーが添削した画像。真っ赤に添削された、デキの悪い小学生の作文のようだ。

 シェフィールドさんは、不自然に形式的な前置詞を自然なものに変え、「Someday」は「Some day」とスペースを入れるよう修正。また3つの単語をすべて「and」でつないでいる個所では、「コンマを使いたまえ」とコメントするなど、基礎的な文法や語彙のミスを何カ所も指摘。

 そして「very much(非常に)」「opportunity(機会)」などの単語の繰り返しを指摘し、「類義語辞典を買いなさい」とアドバイスしている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  2. 2

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  3. 3

    「半沢直樹」新ステージは“vs東京乾電池”柄本明より注目は

  4. 4

    安倍首相の体調不良説に拍車 高級ジム滞在「3時間半」の裏

  5. 5

    コソコソ逃げる安倍首相は、なぜそんなに会見が嫌なのか?

  6. 6

    半沢直樹を下支えする肝っ玉母 菅野美穂と上戸彩の共通点

  7. 7

    グロッキーな安倍首相 小池知事の“夏休み妨害”に怒り心頭

  8. 8

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  9. 9

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

  10. 10

    「重症者数少ない」の落とし穴 4月緊急事態宣言前より深刻

もっと見る